« 日本の年賀状はどうしてクリスマスカードに適さないのか? | トップページ | 年末年始休みに考える吉岡のなぞなぞ3題 »

2005年12月20日 (火)

ホームページの継続手続きを済ませる

我が家はおすすめリンクにあるように、独自ドメインで画像1600枚超のホームページを運営しています。
我が家のデジカメ歴は、小学1年生のおとうとの下の子が生まれた直後のお宮参りから始まって、7年余りの実績を誇っています。また、地理的な広がりも、日本にとどまらず、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア、オーストラリアと、日本を含めると6カ国に達しています。
何の広がりもないのが被写体で、夫婦で親バカですから、ほとんど子供達を撮り続けています。1600枚を超えるデジカメ写真のうち、子供がまったく写っていない写真は全体の1%の16枚にも満たないと思います。もっとも、ちゃんと数えたことはありません。
この大量のデジカメ写真を両親や親戚に公開する目的で運営してきたホームページですが、継続手続きをようやく済ませました。実はもう少し期日に余裕があるのですが、年末年始にかかると事務手続きも遅れがちになるでしょうから、早めに済ませた次第です。私の契約しているレジストラさんはせっかちで、期限終了の1ヶ月前からお知らせメールが届いていたりしました。

主として親や親戚向けのホームページですし、アクセスダウンのためにURLを変更しようかとも思いましたが、結局、今のURLのままで継続しました。そもそも、我が家の今のURLがやや長くて31文字あり、年賀状に掲載出来るURLが30文字までとの制約があったことも、ホームページのURLを変更しようとした理由のひとつだったのですが、さすがに、これは軽くクリアしました。大学祭のパンフレットの印刷などの記憶では、昔は、京都では印刷所と言えば、気の毒なぐらいの零細企業と相場が決まっていて、技術的にも職人さんに負うところが大きかったような記憶がありましたが、最近の印刷技術の向上は大したものです。
職場の同僚で、アクセスダウンのためのロボット巡回を回避するメタタグを教えてくれた親切な人もいました。でも、結局のところ、今年と同じ条件で来年も我が家のホームページを運営することにしました。特に、SEO対策などのアクセスアップにも努力せず、逆に、アクセスダウンにも努力せず、アフィリエイトも入れずに、ロボット回避のメタタグも入れずに、自然体で親バカのまま続けることにしました。

|

« 日本の年賀状はどうしてクリスマスカードに適さないのか? | トップページ | 年末年始休みに考える吉岡のなぞなぞ3題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/38493417

この記事へのトラックバック一覧です: ホームページの継続手続きを済ませる:

« 日本の年賀状はどうしてクリスマスカードに適さないのか? | トップページ | 年末年始休みに考える吉岡のなぞなぞ3題 »