« がんばれニッポン@トリノ・オリンピック | トップページ | 金融政策で注目すべき物価指標 »

2006年2月22日 (水)

カーリングの映画に関するお詫びと修正

さきほどのブログで、カーリングの映画があったらいいのに、みたいなことを書きましたら、実はあるそうです
4年前のソルトレークシティ・オリンピックの際の日本代表の女子カーリングチームを題材にした「シムソンズ」というのが封切られているらしいです。加藤ローサ主演で、ほかに、星井七瀬、高橋真唯、藤井美菜の出演で、佐藤祐市監督作品らしいです。

知り合いから、早速、とてもキツい内容のメールをいただきました。キツいのは映画だけではなく、その人は「マスコミみたいにメダルばかりに目を向けるんじゃなく、メダルに向けて努力する過程が大事なんだ」との説でした。でも、そんな国民一般に見えない過程なんて、どこまで評価できるのか、私には分かりません。ですから、結果も出してほしいです。この点は修正しません。

ですから、修正を求めるコメントがつかないうちに、ブログのタイトル通りに、映画については、自らお詫びして訂正します
反省して、今後はよく調べて書くようにします。

|

« がんばれニッポン@トリノ・オリンピック | トップページ | 金融政策で注目すべき物価指標 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/38493502

この記事へのトラックバック一覧です: カーリングの映画に関するお詫びと修正:

« がんばれニッポン@トリノ・オリンピック | トップページ | 金融政策で注目すべき物価指標 »