« 高知空港での全日空機の胴体着陸の報道に見る地域間格差とNHKの役割 | トップページ | 経済格差の処方箋と経済学の限界 »

2007年3月14日 (水)

春休み子供向け映画のレビュー

今日の東京はいいお天気でした。でも、このところずっとそうなんですが、気温は上がらず、肌寒い一日でした。

我が家の小学生たちは、あと1週間ほどで春休みに入ります。先日も、パナソニックセンターにあるリスーピアの算数教室に行ったりしましたが、この春休みは科学館に重点を置いて遊ぶつもりなんですが、我が家の恒例により映画も見ます。我が家の子供達は割合と小さいころから2時間くらいはじっと映画館に座っていられますから、周囲に迷惑をかけずに映画を楽しんでいます。
と言うことで、今夜のエントリーは春休みの子供向け映画のレビューです。なお、主として、Yahooきっずのセレクションを参考に、Yahoo! 映画から引用していますので、迷惑なタイプのネタバレはないと思います。ここで、脱線すると、先日、知り合いのエコノミストとのランチで、「バブルへGO!!」のストーリーを最後の落ちまで聞いてしまい、もともと見る気のない映画だったとは言うものの、さらに見る気がなくなってしまった経験がありますので、これから見ようという方々に失礼のないようにしたいと思います。

まず、すでに先週末から封切られている「映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険~7人の魔法使い~」です。声優陣やキャラクターデザインを一新した『ドラえもん』新シリーズ劇場版第2弾で、藤子・F・不二雄の傑作『ドラえもん のび太の魔界大冒険』に新たな発想を盛り込み、魔界に入り込んだドラえもんとのび太たちの冒険を描いています。ストーリーは、のび太がもしもボックスで現実の世界を魔法の世界に変えてしまい、仲間たちの中でのび太だけ魔法が使えなくなってしまったところ、魔法を研究する満月牧師と娘の美夜子に出会い、魔界星が地球侵略を企てていることを教えられたので、ドラえもんとのび太は現実世界に戻ろうとするが、もしもボックスを捨てられて帰れなくなってしまう、というものです。実は、私と下の子は前作の「魔界大冒険」を見ていて、その結末も知っているんですが、それだけに、新作の方もとっても気になっていたりします。
次に、今週末から封切られる「超劇場版 ケロロ軍曹2 深海のプリンセスであります!」も楽しみです。大人から子どもまで幅広い層に愛されている超人気アニメ「ケロロ軍曹」の劇場版第2弾で、地球の暮らしになじんでしまったケロロ軍曹たちが、地球滅亡を企む深海の異星人にさらわれたヒロインを救うため奮闘します。ストーリーは、かつて地球侵略にやって来たマロン星人の子孫メール王子と従者のマールは、長い年月の間に二人きりになってしまったことから、プリンセスを迎えて王国を建て直そうと考えたんですが、彼らが候補に選んだのは、ケロロ軍曹が居候する日向家の長女の夏美だったものですから、謎の海底王国にさらわれてしまった夏美を救うべく、ケロロ軍曹たちは立ち上がる、というものです。我が家ではドラえもんやクレヨンしんちゃんとともに、ケロロ軍曹のテレビも毎週欠かさずに見ている上に、コミックも第14巻まで全巻買いそろえて熟読していたりします。昨年春休みの劇場版第1作も見ましたから、今年もぜひ見たいと考えています。
実は、我が家では通例を打破して、休みごとに映画1本ではなく、この春休みにはドラえもんとケロロ軍曹を2本とも見る予定にしていたりします。

他には、ムシキングの映画も春休みに封切られます。「甲虫王者ムシキング スーパーバトルムービー ~闇の改造甲虫~」です。大人気のトレーディングカードゲーム、ムシキングの劇場版アニメーション第2弾で、森を守るために立ち上がる甲虫たちが繰り広げる熱い戦いをドラマチックに見せます。ストーリーは、森の妖精ポポや甲虫の王者ムシキングたちが森の奥深くで平和に暮らしていたところ、ある日、別の森からスジブトヒラタクワガタの“スジブト”がムシキングに挑戦を申し込みにやって来て、突然、そこに森の支配をたくらむ闇の妖精アダーに操られた赤い目の甲虫ヘルクレスリッキーブルー“リッキー”が襲いかかって来る、というものです。ムシキングの劇場版映画の第1弾は2005年の冬休みに封切られ、我が家も見に行きました。
それから、ワンピースもあります。「ONE PIECE ワンピース エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち」で、劇場アニメ第8弾となります。今回はコミックでも人気のアラバスタ編です。ストーリーは、アラバスタ王国の王女ビビを守るため、ルフィら仲間たちはクロコダイル率いる悪党たちと死闘を繰り広げる、というものです。以前は日曜日のフジテレビでアニメをやっていたんですが、終了してからは我が家の子供達はご無沙汰になっています。
また、第79回アカデミー賞の長編アニメ映画賞を受賞した「ハッピーフィート」もあります。皇帝ペンギンたちが暮らす南極大陸を舞台に、音痴のペンギン、マンブルの奮闘を描いたミュージカル仕立てのフルCGアニメです。さらに、オシャレ魔女 ラブ and ベリーを映画化した「オシャレ魔女 ラブ and ベリー しあわせのまほう」も春休みに公開されます。でも、女の子向けの映画ですから、我が家の子供達は興味ないみたいです。春休みの先にやって来るゴールデンウィーク映画では、クレヨンしんちゃんの「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!」や名探偵コナンの「名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)」がありますが、我が家の子供達の趣向は間違いなくクレヨンしんちゃんに向いていると思います。

以上。今夜はお手軽にコピペで済ませた春休み映画のレビューでした。

|

« 高知空港での全日空機の胴体着陸の報道に見る地域間格差とNHKの役割 | トップページ | 経済格差の処方箋と経済学の限界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/8614539

この記事へのトラックバック一覧です: 春休み子供向け映画のレビュー:

« 高知空港での全日空機の胴体着陸の報道に見る地域間格差とNHKの役割 | トップページ | 経済格差の処方箋と経済学の限界 »