« 下の子をカブ隊に連れて行き、赤坂図書館でアルテミス・ファウル第4巻「オパールの策略」を借りる | トップページ | ゲーマーに必要なパソコンのスペック »

2007年5月27日 (日)

交流戦になってもタイガース打線が振るわない

午後から、団地の中で下の子とバドミントンをして遊んだ後、4時前にCATVで甲子園球場のプロ野球、阪神・ロッテ戦を見始めました。その時点で7-1で負けていました。杉山投手が2回までに7点取られて、早々とKOされたとのことでした。
こうなると、今の阪神打線ではどうしようもありません。ロッテの久保投手をまったく打てません。スタメンは大きく入れ替えました。先発投手を考慮して、シーツ内野手をスタメンから外し、今岡内野手も7番に落とし、濱中外野手に替えて桧山外野手をスタメン6番に入れ左打者中心でのラインナップです。さらに、今シーズン初めて赤星外野手を1番に入れ、3番に抜擢された鳥谷遊撃手と5番に上がった林外野手で金本外野手を挟むという左打ち3人でクリンナップを固めても、6回はダメでした。ノーアウトから1-2番が連続ヒットで出塁しても、3番と4番の一塁ゴロ2本で1点を取るのがやっとのありさまです。
私はガックリ肩を落として、チャンネル権を下の子に譲り渡しました。

|

« 下の子をカブ隊に連れて行き、赤坂図書館でアルテミス・ファウル第4巻「オパールの策略」を借りる | トップページ | ゲーマーに必要なパソコンのスペック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/8614622

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦になってもタイガース打線が振るわない:

« 下の子をカブ隊に連れて行き、赤坂図書館でアルテミス・ファウル第4巻「オパールの策略」を借りる | トップページ | ゲーマーに必要なパソコンのスペック »