« 平安朝ファンタジーの読書感想文 | トップページ | 本屋さんの親子連れ »

2007年7月27日 (金)

来た、来た、来た、来たー、タイガース 6 連勝

我が阪神タイガースが大いに調子を上げて来ました。すぐ上の3位に位置する横浜を相手に今夜は快勝でした。最初に、先発投手を見て上園と三浦では、やや格が違うと感じて、今夜の行方を危ぶんでいたんですが、見事な快勝でした。タイヘン失礼しました。6連勝で勝率は五割を超え、3位の横浜に1ゲーム差と迫ったんですから、ちょっぴり、クライマックス・シリーズが近づいた気がします。
私の心残りは2点あります。まず、我が家の中でのチャンネル権を確保していないので、上園投手のピッチングも、矢野捕手のタイムリーも見られませんでした。小学生の男の子2人が相手ですから、金曜夜のドラえもん + クレヨンしんちゃんは手ごわい相手です。もっとも、矢野捕手のタイムリーはゲーム終了後のリプレイで拝見しましたが、ややシケた当たりだったような気がしないでもありません。それから、昨夜のエントリーでも書きましたが、リリーフ陣を休ませたかった気がします。藤川投手の場合は個人記録としてセーブをつけるという意味もあったんでしょうし、点差がありましたから負担は少なかったのかもしれませんが、死のロードを前にしてリリーフ陣に無理をさせたくないと感じました。もちろん、試合終了後の岡田監督のインタビューでは十分理解しているような口振りでしたし、試合途中のレポートでも、間もなくウィリアムズ投手が戻って来るような情報がありましたので、私の方が気にし過ぎているのかもしれませんが、シーズンはまだ長いんですから、今夜はともかく、これから先は無茶な投手起用は避けてほしいと思います。
昨夜のナゴヤ・ドームでの試合の放送は中日ベッタリの解説で、それはそれで面白かったんですが、やっぱり、タイガースの本拠地である甲子園での試合は、あからさまにタイガースに偏った解説をしてくれるので、私のような阪神ファンにはとっても面白かったです。その意味でも、今夜から始まった横浜との3連戦と次のヤクルトと3連戦、死のロード直前の甲子園の試合はしっかり見ておきたいと思います。


がんばれタイガース

|

« 平安朝ファンタジーの読書感想文 | トップページ | 本屋さんの親子連れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/8614692

この記事へのトラックバック一覧です: 来た、来た、来た、来たー、タイガース 6 連勝:

« 平安朝ファンタジーの読書感想文 | トップページ | 本屋さんの親子連れ »