« 総理大臣の究極の権限 | トップページ | 諏訪哲史「アサッテの人」は芥川受賞作ながら退屈で不自然 »

2007年8月25日 (土)

素晴らしい投手戦

息詰まるような素晴らしい投手戦が先ほど終わりました。見事な阪神の完封リレーで、連敗脱出です。ボーグルソン投手は尻上がりに調子を上げて交代する直前なんかは完璧な投球内容でしたし、小笠原投手もランナーを出しながらも粘り強い投球でした。8回なんかは先頭打者の桜井外野手のスリーベースでノーアウト3塁ですから、かなり点が入る確度が高いと思って期待したんですが、見事に3者連続三振ですから、敵ながら天晴れです。
林選手の犠牲フライに続いて、赤星外野手のヒットをはさんで、矢野捕手のタイムリーと、中日の守護神である岩瀬投手を打ち込んで、2点も取った貴重な勝ち星ですから、明日のゲームにつながるんではないかと期待しています。唯一、いきなり先頭打者をストレートのフォアボールで出した藤川投手が不安だったりします。昨夜はナゴヤドームでうまくいかないようなことを書いてゴメンなさい。でも、ナゴヤドームでの試合の解説は広島なんかと同じで、地元ベッタリですから、聞いていて面白いです。逆の立場なら、甲子園の試合の解説も同じようなもんなんでしょう。

明日も、

がんばれタイガース

|

« 総理大臣の究極の権限 | トップページ | 諏訪哲史「アサッテの人」は芥川受賞作ながら退屈で不自然 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/8614734

この記事へのトラックバック一覧です: 素晴らしい投手戦:

« 総理大臣の究極の権限 | トップページ | 諏訪哲史「アサッテの人」は芥川受賞作ながら退屈で不自然 »