« こどもの城でジャカルタのころのお友達と遊ぶ | トップページ | 家でゴロゴロ過ごす日曜日 »

2007年8月 4日 (土)

打線爆発で広島に楽勝の夜に今岡内野手を思う

今夜のタイガース打線はよく打ちました。まあ、バッターは打つのが商売なんですから打ってもらわないと困るんですが、逆に、相手チームの投手は打たせないのが商売ですから、そのあたりは力関係です。打線が打って順調に点が入り、先発投手が6回までゼロに抑えた上に、後を引き継いだ投手も点を与えないんですから、これで勝たないわけがありません。私は前半戦は不熱心なファンで、そんなにテレビ観戦もしていなかったんですが、昨夜や今夜のゲームを見ている限り、どうして、広島相手に8連敗もしたのか、不思議でしょうがありません。
今夜は序盤にポンポンと4点が入り、早くから楽勝モードでした。先取点の桜井外野手は、いきなりスタメン起用の濱中外野手から大きな刺激を受けたんだろうと思います。3回のツーランの追加点が大きかった気がします。今年についてはシーツ内野手が打つとしっかり点が入る、という私の仮説が実証された気がします。もちろん、7回の金本外野手のツーランも絵に描いたような当たりで、そろそろダメ押し点が欲しいころにキッチリ点を取ってくれました。8回の藤本内野手のタイムリーはややオマケだったのかもしれません。なお、桜井外野手は最終回の最後の場面で打つと、さらによかったのかもしれませんが、明日に取っておいたんだと解釈しておきます。濱中外野手もノーヒットながら、いきなりスタメンに入れた岡田監督の期待に、明日こそ応えて欲しいものです。私はあんまり詳しくないんですが、赤星外野手と矢野捕手は休養日という解釈でいいんでしょうか?
投手陣は完封リレーでしたが、特に、先発の上園投手の安定感が抜群でした。6回を投げて交代ということで、暑い季節なので理解はできるんですが、完封を狙わせてみたかった気もします。JFKの完全休養の裏側で、江草投手の8回と桟原投手の9回は少し不安定でしたが、点差が開いての登板で少し緊張感が足りなかったのかもしれませんし、結果として、両投手とも併殺で切り抜けてゼロで抑え切ったんですから、完封リレー成立の立役者ということでいいんだろうと思います。途中までブルペンで準備していたのかもしれませんが、何よりも、JFKの休養が大きいと思います。今夜の試合は実質的に7回の金本外野手のホームランで終わりました。実は、私は8回裏のピンチを江草投手が併殺で切り抜けた後、9回は見る気をなくして、いつものように、お風呂に入ってしまいました。

最後に、昨夜の濱中外野手の復帰ホームランで桜井外野手なんかが大きな刺激を受けるだろうとブログに書いたりしましたが、実はよくよく考えると、一番がんばって欲しいのは今岡内野手です。多くの一般紙にも報道された今岡選手のホームページ「進退」発言にも見られるように、精神的な何かが必要なんだろうという気がしてなりません。何なのかは私には分かりませんが、2003年の首位打者、2005年の打点王と、今岡選手が好調の年にタイガースが優勝しているのはまぎれもない事実です。特に、1985年にタイガースが日本一になった後、ほどなく主軸の掛布選手が早過ぎる引退をし、1990年代に低迷して最下位が指定席となった記憶が頭をかすめます。濱中外野手なんかにははなはだ失礼ながら、今岡内野手の復調があって、本当に強いタイガースになるんだろうと思います。

何はともあれ、今夜も、

がんばれタイガース

|

« こどもの城でジャカルタのころのお友達と遊ぶ | トップページ | 家でゴロゴロ過ごす日曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/8614708

この記事へのトラックバック一覧です: 打線爆発で広島に楽勝の夜に今岡内野手を思う:

« こどもの城でジャカルタのころのお友達と遊ぶ | トップページ | 家でゴロゴロ過ごす日曜日 »