« 認知ラグをどのようにミニマイズするか? | トップページ | トムソン科学財団によるノーベル経済学賞の有力候補者 »

2007年9月12日 (水)

安倍総理大臣辞任は相場にどのような影響を及ぼすか?

今日も、朝からが降り、午後には上がりましたが、雲が広がり、ぐずついたお天気でした。昨日や一昨日ほどではなかったんですが、日中は少し蒸し暑かったです。でも、夜になると涼しくなりました。ここ数日は気温が下がり続けているような気がします。

今日の午後2時から緊急記者会見があり、安倍総理大臣が辞意を表明しました。夕刊各紙のトップ記事でしたから、ご覧になった方も多いと思います。ネットのニュースサイトでもいろんな記事が流れているん中、取りあえず、いつもの朝日新聞のサイトから、私から見てもっとも適当な記事の最初のパラだけ引用すると以下の通りです。

安倍首相は12日午前、辞任の意向を固め、自民党の麻生太郎幹事長ら複数の自民党幹部に伝えた。午後2時から首相官邸で記者会見し、11月1日に期限が切れるテロ対策特別措置法に基づく海上自衛隊のインド洋での給油活動の延長に向け、民主党の小沢一郎代表に呼びかけた党首会談を断られたことを受け、「今の状況で、国民の支持、信頼の上に力強く政策を進めていくのは困難」と辞任の理由を説明した。昨年9月の就任以来、「政治とカネ」を巡る問題や失言で閣僚の辞任が相次ぎ、今年7月の参院選では自民党が惨敗し、参院で与野党が逆転した。8月末に内閣改造を行ったが、その後も閣僚が辞任するなど、政権運営が完全に行き詰まっていた。首相の退陣を受け、自民党は後継を選ぶ総裁選を実施する。

2時からの記者会見は私も役所でテレビを拝見していました。実に、あっさりしたステートメントの後、やっぱり、あっさりした質疑応答も含めて20分余りの記者会見でした。記者会見でメディアから出た質問は、与党が大敗した参議院選挙結果を受けても辞任しなかった上に、内閣改造をして臨時国会で所信表明演説をし、今日の午後1時から衆議院で所信表明演説に対する代表質問が始まろうとした矢先に、どうしてこのタイミングで辞めるのか、国民や支持者への説明責任はどうするのか、といった内容だったと記憶しています。テレビで見た国民の反応は、参議院選挙の結果を受けて早めに辞めるべきだった、というのと、もう少し続けてもよかったんではないか、との2論に分かれているような気がします。もっとも、この2論の比率は分かりません。さらに、3時から民主党の小沢代表も記者会見しました。ステートメントもなく、質疑応答だけで15分余りで終わりました。少し前に安倍総理が職を賭すと発言したテロ特措法に関する党首会談について、安倍総理の記者会見と少しかみ合わない部分があったりしました。与謝野官房長官や自民党の麻生幹事長も記者会見し、安倍総理の健康問題を辞任の一因として示唆したりしていました。

東証日経平均株価の推移

上のグラフは今日の東証の日経平均株価の推移です。安倍総理の辞任の報道が流れた午後1時ころにスパイクした後、ジリジリと下落しました。一言でいえば乱高下したということになります。辞任の一報が入った瞬間は、支持率の低い不人気総理の辞任ということで買いが入ったんでしょうが、よくよく考えると、次期総理選出を巡る政治的な混乱や当面の政治空白などを嫌気した売りが優勢になったものと考えられます。午後2時からの安倍総理の記者会見が終わったころから一段安となっています。もっともな展開だと思います。債券も売られているようで、国債金利は少し上昇しました。
今後の政治的な展開は私には分かりませんが、相場的には、第1に、株式市場にはいい材料とはとても思えません。特に、2年前の郵政総選挙あたりから株価を押し上げて来た構造改革への期待がしぼんだりすると、海外投資家なんかから失望売りが出る可能性も否定できません。第2に、目先は政治に弱い円が売られるんではないかと予想しています。もっとも、政治面ではなく経済的に考えると、来週の日銀の金融政策決定会合での利上げは遠のいた気がしますが、引き続き、日銀が利上げ基調を維持する一方で、米国連邦準備制度理事会 (FED) が来週の連邦公開市場委員会 (FOMC) で利下げに踏み切ることが確実視されているだけに、日米金利差が縮小することから、より長い目で見ると、こちらは円高要因となります。政治要因と経済要因のどちらが強いかは、繰返しになりますが、目先は政治要因による円安、より長い目で見ると経済要因による円高ではないかと通常は考えられます。しかし、夕刊には大混乱の見出しも躍っていたくらいで、ある意味で異常な事態とも考えられますから、セオリー通りにはならない可能性も十分あります。

いずれにせよ、今後の政局次第で相場が大きく動く可能性があり、エコノミストの見方と大きく食い違う局面も十分にあり得ると思います。昨夜と一昨夜、このブログに書いたように、経済動向や相場の方向性を見極める必要性が高まっている中で、不透明要素がさらに加わった気がします。

|

« 認知ラグをどのようにミニマイズするか? | トップページ | トムソン科学財団によるノーベル経済学賞の有力候補者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/8614760

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総理大臣辞任は相場にどのような影響を及ぼすか?:

« 認知ラグをどのようにミニマイズするか? | トップページ | トムソン科学財団によるノーベル経済学賞の有力候補者 »