« 公示地価に見る地域間格差 | トップページ | 2月の貿易統計から何を読み取るか? »

2008年3月25日 (火)

CFNAI から見て米国経済の景気後退局面入りはほぼ確実

米国経済の指標を見逃していましたので、今夜は、経済評論の日記として、手短かにもうひとつエントリーをアップします。

Chicago Fed National Activity Index

米国時間の昨日24日にシカゴ連銀が Chicago Fed National Activity Index (CFNAI) を発表しました。2ヶ月前の1月24日付けのエントリーで取り上げた指標です。上のグラフの通りで、2月単月の CFNAI は▲1.04に急落しました。通常注目される3ヶ月後方移動平均の CFNAI-MA3 では、1月▲0.78、2月▲0.73、3月▲0.87となり、3ヶ月連続で景気後退ラインとされる▲0.7を超えてしまいました。もちろん、最終的には NBER が決定するんでしょうが、この指標を見る限り、エコノミスト的には米国経済の景気後退局面入りはほぼ確定したと言えます。

|

« 公示地価に見る地域間格差 | トップページ | 2月の貿易統計から何を読み取るか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/11792824

この記事へのトラックバック一覧です: CFNAI から見て米国経済の景気後退局面入りはほぼ確実:

« 公示地価に見る地域間格差 | トップページ | 2月の貿易統計から何を読み取るか? »