« 東大と京大の合格者発表を週刊誌で見る | トップページ | 日銀総裁人事に関する東京大学林教授の「感想」 »

2008年3月16日 (日)

下の子のカブ隊のキャンポリー説明会に行く

今日も、朝からよく晴れていいお天気で、気温もかなり上がりました。下の子と自転車でカブ隊に行ったんですが、帰りは上着なしで風を感じながら自転車で走っていました。

カブ隊の活動を終えて自転車で帰る下の子

今日の午前中は、下の子とカブ隊の活動に行きました。長い冬の季節も終わり、久し振りに親子で自転車のタンデムで集合場所に向かいます。もっとも、下の子はそのままカブ隊の活動に行き、私は近くの小学校の会議室の父兄の集まりに行きます。今月末のキャンポリーの説明会です。上の写真はカブ隊の活動を終えて自転車で家に帰る時の下の子です。
我が家の下の子が参加しているカブ隊は日本ボーイスカウト東京連盟港地区に属しているんですが、この港地区がそれまでの港区・品川区が合同した栄地区として活動していたのから別れて出来たのが25年前の1983年4月だとかで、港地区発足25周年のキャンポリーが今月末の週末に開催されます。東京都港区にあるボーイスカウトの合計9団が近くの中学校に集まって、ボーイ隊以上は校庭にテントを張って、カブ隊は体育館で寝泊まりし、ビーバー隊は泊まらずにキャンポリー第2日目だけの参加だそうです。当然、夜はキャンプファイヤーなんだと思います。
父兄向けにキャンポリー説明会と称して、寝袋なんかのご説明もあったんですが、中心は、キャンポリーの食事の準備で、第1日目の夕食と第2日目の朝食をどうするかでした。食事はキャンポリー全体ではなく、団ごとに準備するんだそうです。我が家の下の子は食事はどうせカレーに決まっていると、半ば諦め口調で言っていたんですが、ご議論の末に夕食はチキンのトマト煮に決まりました。次の日の朝食は、これに水とコンソメを足して、さらにマカロニなんかを加えてミネストローネ風にしたスープとロールパンにするようです。参加していたのは私の他にもう一人だけ男性がいましたが、大多数の5-6人は女性で、司会進行も最初は男性のカブ隊隊長さんでしたが、途中から隊長の奥さんの副長さんに交代し、議論はおかあさん方のペースで進みます。私は大食漢の下の子を代弁して、少しでも量を増やす方向でしか発言できませんでした。
キャンポリー当日には、いろんな演し物が用意されていて、各団共通にカブ隊は【世界の民話】、ボーイ隊は【スイーツ対決】、ベンチャー隊は【パイオニアリング】だそうです。スカウトでも何でもない私には最後のがよく分からないんですが、聞くところによれば、登って遊べる高さ約5メートルの信号塔を、丸太とロープで作り上げるらしいです。ウチの子は世界の中でもヨーロッパのダンスを披露するとかで、決して見に来てはいけないと釘を刺されてしまいました。でも、食事の準備の関係がありますので、ほとんど何の役にも立たないし、同時に、期待もされていないんだと思いますが、私もキャンポリー当日はお手伝いに行きます。

25周年を記念したワッペンを下の子が持ち帰りました。東京都心の港区らしく、東京タワーや六本木ヒルズっぽい高層ビルをあしらった立派なワッペンです。この先1年間、港地区のスカウトはこのワッペンを胸に付けるのだそうです。

|

« 東大と京大の合格者発表を週刊誌で見る | トップページ | 日銀総裁人事に関する東京大学林教授の「感想」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/11406407

この記事へのトラックバック一覧です: 下の子のカブ隊のキャンポリー説明会に行く:

« 東大と京大の合格者発表を週刊誌で見る | トップページ | 日銀総裁人事に関する東京大学林教授の「感想」 »