« 今夏のボーナス動向やいかに? | トップページ | ゆったりと過ごす週末にプロ野球観戦を楽しむ (予定) »

2008年4月 4日 (金)

ケインズ『雇用、利子および貨幣の一般理論』(岩波文庫)を地下鉄で読む人を見かける

今日も、朝からいいお天気で、連日のように気温が上がり続けているような気がします。ランチタイムに少し遠くまで出かけたんですが、午後に役所に戻る時には汗ばむ陽気でした。もうすぐ半袖の季節が来るんでしょう。

ケインズ『雇用、利子および貨幣の一般理論』(上)ケインズ『雇用、利子および貨幣の一般理論』(下)

少し前に、地下鉄でケインズ卿の『雇用、利子および貨幣の一般理論』を読んでいる人を見かけました。カバーもかけずに、上の写真の右側の表紙の本でしたから下巻なんだと思います。左の上巻が1月に発売され、右の下巻は3月と聞いています。何と、ウワサによれば上巻は売切れ中だそうです。どんな人が買うのか知りませんが、よく売れていることを知りました。また、地下鉄の中で読んでいる人を見て、売れているんですから当然ではありますが、読まれてもいるんだと実感しました。なお、翻訳は我が母校京都大学の間宮教授だそうです。
このパラは自慢話になりますから読み飛ばしてもいいんですが、私が20年以上も前に役所に就職する際の面接を受けた時に、当然にあり得る質問として、「大学生活で自慢出来ることは何か」と尋ねられましたので、「経済学の古典を読んだことです」と答えました。さらに、想定内の質問として、では何を読んだのか、と聞かれましたので、スミス『国富論』、リカードゥ『経済学および課税の原理』、マルクス『資本論』、ケインズ『雇用、利子および貨幣の一般理論』の4冊をあげました。続いて、極めて想定外の質問としてマーシャルの『経済学原理』は読まなかったのか、との質問がありました。余りにも意外な質問だったので、少し失礼な回答をした記憶があります。失礼な回答をしても採用されたんで、それはそれでいいんですが、やっぱり、マルクスの『資本論』は意外感を持って受け止められたように記憶しています。官庁エコノミストを自称する人で『資本論』を全3巻読み通した人は少ないような気がします。なお、今でも、『国富論』と『雇用、利子および貨幣の一般理論』を読んだ時のノートは家に保管してあります。
自慢話はともかく、私が読んだリカードゥ『経済学および課税の原理』も岩波文庫で上下巻でした。また、これとは別に、ウェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』も岩波文庫で読んだと記憶しています。別の観点ですが、『雇用、利子および貨幣の一般理論』なんかは地下鉄で読むんではなく、私なんかはノートを取りながら読んだものですが、今は学問書というよりも教養書と見なされているのかもしれません。私はそれはそれでいいことだと考えています。控えめに言っても、少なくとも読まないよりは読んだ方がいいに決まっています。
私は10年ほど前に、国家公務員試験の経済職Ⅰ種試験の試験委員として人事院に併任されていたことがあります。当然、試験問題を作っていたわけですが、そのころに、奇問難問を避けるためと称して、経済学の標準的な教科書なんかを読み返したことがあります。一応、標準的な教科書で扱っていれば出題しても OK というわけです。それはそれで試験委員たる私にも勉強になったと記憶しています。加えて、経済学も年々進歩していますので、新たな領域の勉強も欠かせません。特に、コンピュータ技術の著しい進歩により、その昔では扱えなかったような計算も出来るようになっていますから、いろんな定量的な検定も簡単に出来るようになっています。私が大学の教養部で統計学を勉強していた時には、最小2乗法を筆算で解く方法を教わっていたりして、確かに、手計算で解くことにより原理を習熟するのにはよさそうな気もしますが、忙しい現代人には時間が足りなさそうに思わないでもありません。

話がいろいろと飛びましたが、今夜のエントリーは週末前の軽い話題として、ケインズ卿の『雇用、利子および貨幣の一般理論』が岩波文庫から出版されたのを取り上げてみました。特に、経済について評論しているわけではないので、本邦読書界の話題として読書感想文の日記に無理やり分類しておきます。

|

« 今夏のボーナス動向やいかに? | トップページ | ゆったりと過ごす週末にプロ野球観戦を楽しむ (予定) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/12270445

この記事へのトラックバック一覧です: ケインズ『雇用、利子および貨幣の一般理論』(岩波文庫)を地下鉄で読む人を見かける:

« 今夏のボーナス動向やいかに? | トップページ | ゆったりと過ごす週末にプロ野球観戦を楽しむ (予定) »