« 経済学で北京オリンピックのメダル獲得数を予想する | トップページ | 海外経済の動向 - 欧州中央銀行の利上げと米国の雇用統計 »

2008年7月 3日 (木)

甲子園で中日を3タテして、いよいよ独走態勢へ!

ワーッハッハで中日を3タテです。
今夜は7時からの「ポケモン」の放送が1時間スペシャルで、8時近くまでチャンネル権を確保できず、8時からちょっとだけテレビ観戦の後、すぐに長風呂となります。8時45分ころにお風呂から上がって、下の子にせがまれて将棋の相手をします。それにしても、親バカのひいき目ではありますが、下の子は将棋が強くなりました。少し前までは、私が負けていたのに変わりはないものの、私が飛車角の2枚落ちで、30分以上も勝負に時間を費やしていましたが、今では、飛車だけの1枚落ちなのに15分ほどで負けてしまいます。それはともかく、下の子と将棋を指している間に、よく事情は分からないものの、8回ウラの攻撃で塁が埋まって矢野選手の勝越しタイムリーでした。ついでに、よく観察しなかったんですが、投手のボークもあったようで、アッという間の3点差です。9回は藤川投手が出て来れば文句なしの勝ちパターンです。ツーアウトからの2本のヒットはサービス以外の何物でもありません。
私の目から見ると、昨夜、年甲斐もなく興奮して虎ブロをアップしましたが、昨日のゲームの葛城選手の勢いがそのまま続いているような気がします。確か、7月は中日と3連戦が3回、計9戦組まれていたと記憶しているんですが、いきなりの甲子園での3連戦3連勝ですから、このまま独走態勢に入りそうな勢いです。さきほどのエントリーではないんですが、これで、北京オリンピック組を安心して送り出せるような気がします。

何はともあれ、
がんばれタイガース!

|

« 経済学で北京オリンピックのメダル獲得数を予想する | トップページ | 海外経済の動向 - 欧州中央銀行の利上げと米国の雇用統計 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/22053136

この記事へのトラックバック一覧です: 甲子園で中日を3タテして、いよいよ独走態勢へ!:

« 経済学で北京オリンピックのメダル獲得数を予想する | トップページ | 海外経済の動向 - 欧州中央銀行の利上げと米国の雇用統計 »