« 政府の規模と経済パフォーマンス | トップページ | 地球環境保護にリバタリアンはどう答えるか? »

2008年7月 8日 (火)

オールスターのファン投票結果に見る人気と実力

今日は、朝から梅雨空でした。時折、細かい雨が降るくらいで、報道されているような大雨には私は遭遇しませんでした。気温は昨日よりも下がったように感じましたが、やっぱり、出歩くと蒸し暑いです。

プロ野球オールスターのファン投票結果

昨日、プロ野球のオールスター戦のファン投票結果が発表されました。上の通りです。マツダオールスターゲーム 2008 MSN 公式サイトから引用しています。藤川投手が「勝負するなら、ホームランを打たれたいです」と珍目標を掲げた、なんてニッカンスポーツのサイトで報じられていたりします。
実は、阪神以外の他球団では知らない選手も入っていたりするんですが、まあ、基本的にはタイガースの選手を中心に見ておきたいと思います。まず、当然のように、久保田投手と藤川投手が中継ぎと抑えのピッチャーのトップです。順当というほかありません。キャッチャーでは矢野捕手が2位につけています。一塁の新井内野手、外野の金本選手なんかも順当なところかと思います。赤星外野手も外野3人枠の4位につけていますから、まずまず、このあたりかという気がします。入っていない方では、セカンドとサードに阪神選手が見当たらないのも、見方によれば順当なのかもしれません。
意外だったのがタイガースの先発ピッチャーの中で岩田投手が唯一10位以内の4位に入っていることで、安藤投手が腰痛で戦線離脱していたのもありますが、岩田投手の人気のほどが伺われます。また、ショートの鳥谷内野手が4位になっていることです。鳥谷内野手の打率は0.313で、遊撃手としてはヤクルトの宮本選手の後塵を拝しているとはいえ、ホームランなどの長打力や打点では宮本選手を上回っており、互角の勝負と見たんですが、打撃20傑にも入っていなくて、圧倒的に実力で下回るジャイアンツの坂本選手がトップとは不可解な限りです。プロ野球も一種のショービジネスですから、実力とともに人気も重要な要素であることは認識していますし、阪神球団はその面で少し不熱心なのかもしれませんが、それにしても、この結果では鳥谷内野手がかわいそうな気がします。
個別のポジションではなく全体として見て、投手が先発の他に中継ぎと抑えの3人制ですから11人のうち、球団別に見て、首位を独走する我がタイガースが4人は順当なところですが、何と、2位の中日が入っていません。最近時点で調子を落としている選手が多くて、その結果として、我がタイガースとの差が広がっているのかもしれません。ジャイアンツが阿部捕手だけの1人、東京ヤクルトも青木外野手だけの1人、横浜も村田内野手だけの1人、多いのが広島で、先発投手、セカンド、外野手と3人入っています。スポンサーのマツダのご威光が反映されているのかもしれないと思わないでもありません。

今夜も我が阪神は甲子園でジャイアンツ相手に順調に試合を進めているようです。先発投手部門で阪神トップだった岩田投手が、ポロポロ打たれながらも併殺で切り抜けて無得点に抑え、打線は先制・中押しと相変わらず活発に得点しているようです。しかし、なぜか、今夜もテレビ中継がありません。残念。平野選手の選手登録もなされたようで、さらに快進撃が続く予感がします。後は、私のごひいきの今岡内野手の復調を待つばかりです。
やっぱり、今夜も、
がんばれタイガース!

|

« 政府の規模と経済パフォーマンス | トップページ | 地球環境保護にリバタリアンはどう答えるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/22159344

この記事へのトラックバック一覧です: オールスターのファン投票結果に見る人気と実力:

« 政府の規模と経済パフォーマンス | トップページ | 地球環境保護にリバタリアンはどう答えるか? »