« 休日に考える金融と財政に関する雑感 | トップページ | 今夜は逃げ切って巨人とのマッチレース続く »

2008年9月24日 (水)

シンガポール政府投資公社 (GIC) のリポート

何と、シンガポール政府投資公社 (Government of Singapore Investment Corporation, GIC) が、何を思ったか、リポートを公表しました。"Report on the Management of the Government's Portfolio for the Year 2007/08" というタイトルで、ごく大雑把にポートフォリオなどについて報告しています。GIC は Temasek とともにシンガポールを代表する Sovereign Wealth Fund (SWF) のひとつで、両社とも投資実態は謎につつまれていたんですが、事情はよく分からないものの、GIC は初めてリポートを公開しました。私は少し驚きを感じてしまいました。世界的な情報公開の流れに沿ったものと言えるかもしれません。

League of nations

上の表は "Economist" のサイトから引用しているんですが、これによれば、GIC はアラブ首長国連合のアブダビ投資庁とノルウェーの年金基金に次いで $330bil の資金を有する世界第3位の規模の SWF で、ついでながら、Temasek は世界第7位で約 $160bil となっています。なお、表の最後にあるように、出典は Morgan Stanley だったりします。

Geographical Distribution

Asset Mix

まず、注目の投資先ですが、リポートの出現順とは逆なんですが、上の表が地域別の投資先、下が資産別の投資先のいずれも比率となっています。どちらも pp.11 にあります。地域別では、米国が約 1/3 で、次いで我が日本が10%くらいとなっています。資産別では公開株式が約 1/3 で、債券も20%くらいです。シンガポール人のメンタリティを表していると思うのは不動産に10%つぎ込んでいるところです。なお、その前の pp.10 ではシンガポールドル建ての利回りがリポートされていて、これらを総合して2008年3月期に5.8%であったと報告されています。同時に数年の利回りがグラフで示されているんですが割愛しました。それから、資金規模については、ナナメ読みしかしていない私が見逃している可能性はありますが、詳細なリポートはなく、単に "investing well over US$100 billion in multiple asset classes in more than 40 countries"との記述があるだけです。まあ、Morgan Stanley が推計した $330bil は "well over US$100 billion" の範囲内、ということなのかもしれません。

Where They Come From

最後の表は職員構成です。リポートの pp.42 にあります。運用の専門家だけでなく、アドミなどの事務職員を含んでいるんでしょうから、シンガポール人がほぼ半数を占めていますが、よく外資系金融機関などで言われる多国籍軍とか、外人部隊と呼べるのかもしれません。政府機関では公務員の国籍条項に抵触するおそれがありますから、公社の形態で運営しているんだと解釈できます。なお、細かなことで私が注目したのは、国別投資先では Americas と中南米も含む複数形の表現になっていたのが、上の表では単数形で America としか表記していないことです。要するに米国出身者という意味なのかもしれません。なお、割愛したんですが同じページに上の表のすぐ下に勤続年数の表もあり、勤続5年未満の職員が過半の57%を占めています。逆に、10年以上は2割ほどです。

今回のリポートは GIC 自身が "GIC unveils first report on the Management of the Government's Portfolio" と誇らかに称している割には、先進各国でディスクロージャーといえるほどのレベルにはまったく達していませんし、来年以降も出るか出ないかは分からないんですが、今まで謎のベールにつつまれていた部分が多少なりとも明らかになったんですから、それなりの興味は湧きます。見方によれば、この程度の内容では市場関係者は関心を示さないかもしれませんが、もしも、政府部内で SWF について調査・研究をしているのであれば、ソチラでは大いに注目することだろうという気がしないでもありません。

|

« 休日に考える金融と財政に関する雑感 | トップページ | 今夜は逃げ切って巨人とのマッチレース続く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/23983133

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール政府投資公社 (GIC) のリポート:

« 休日に考える金融と財政に関する雑感 | トップページ | 今夜は逃げ切って巨人とのマッチレース続く »