« 米国雇用統計から景気後退を考える | トップページ | やっぱり電車に乗って本屋さんに出かける »

2008年9月 6日 (土)

鳥谷選手のタイムリーで連敗脱出

5連敗中で元気のなかった阪神ですが、ようやく、延長12回の末に広島を下して勝ちました。最後は鳥谷遊撃手のタイムリーでした。それにしても打線が打てません。この5連敗の8割方の責任は打線が打てないことにあると私は考えていましたが、今日の試合も打線が波に乗れずに、ジリジリする嫌なムードでした。終盤からは金本外野手が敬遠されまくって、それも作戦のうちですからしょうがないんですが、やっぱり、キーポイントは金本選手の後を打つ5番だということが明確になりました。今日の試合でも10回表の攻撃がこれに近かった印象です。でも、最後の最後に鳥谷選手が打って結果を出してくれました。
しかし、私の勝手な想像かもしれませんが、鳥谷選手はやっぱり5番タイプではなく、3番タイプだという気がします。不熱心な阪神ファンですから、ケガでもしているんでしょうか、どうして林選手がスタメンに入っていないのか、よく知らなかったりするんですが、5番に得点圏打率の高い選手、出来れば右の強打者を入れたいところです。やっぱり、ここは完全な状態でなくても、今岡内野手しかいないんではないでしょうか。桜井外野手の3番がイカンとは言いませんが、新井内野手の今シーズンの出場が厳しいとなれば、現有戦力では3番鳥谷・4番金本・5番今岡のクリンナップを見てみたい気がします。今岡ファンである私の勝手な思い込みでしょうが、実現したいものです。

それはともかく、明日も、
がんばれタイガース!

|

« 米国雇用統計から景気後退を考える | トップページ | やっぱり電車に乗って本屋さんに出かける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/23548206

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥谷選手のタイムリーで連敗脱出:

« 米国雇用統計から景気後退を考える | トップページ | やっぱり電車に乗って本屋さんに出かける »