« ノーベル経済学賞はクルーグマン教授に授賞 | トップページ | 金融危機における公的資金による資本注入の政治経済学 »

2008年10月14日 (火)

金融危機に対するクルーグマン教授のコラムを読む

週明けの欧米の株式市場、3連休明けの日本の東証平均も含めて、大きく反発で始まりました。たぶん、NY のダウ平均は史上最大の上げ幅で、率としても大恐慌期以来の11%越えのようです。下の画像は "Wall Street Journal" から引用しています。先日の私のブログでも書きましたが、取りあえず、メディアは G7 の処方箋に対して懐疑的な態度でしたが、大きく方向転換するのではないでしょうか。

Big Days

市場では、特に、英国で思い切った資本注入を決断したことが大きく評価されているように見受けられます。昨夜のエントリーでも書いた通り、プリンストン大学のクルーグマン教授が今年のノーベル経済学賞を受賞しましたが、最新の "New York Times" のコラムで、"Gordon Does Good" と題して、英国のゴードン・ブラウン首相を取り上げています。一応、このタイトルの質問は premature だとして、正面から答えることは避けていますが、"yes" の答えがコラムの行間から読み取れるような気がしないでもありません。消息筋によれば公的資金による資本注入にやや積極的であるといわれている連邦準備制度理事会のバーナンキ議長と、逆に、消極的であるといわれているポールソン財務長官を対比させたりしています。なお、ついでながら、かなり内容はありきたりではありますが、先にリンクを張ったクルーグマン教授のコラムから今回の金融危機の本質と対応に関する2つのパラを引用すると以下の通りです。

What is the nature of the crisis?
The details can be insanely complex, but the basics are fairly simple. The bursting of the housing bubble has led to large losses for anyone who bought assets backed by mortgage payments; these losses have left many financial institutions with too much debt and too little capital to provide the credit the economy needs; troubled financial institutions have tried to meet their debts and increase their capital by selling assets, but this has driven asset prices down, reducing their capital even further.
What can be done to stem the crisis?
Aid to homeowners, though desirable, can't prevent large losses on bad loans, and in any case will take effect too slowly to help in the current panic. The natural thing to do, then - and the solution adopted in many previous financial crises - is to deal with the problem of inadequate financial capital by having governments provide financial institutions with more capital in return for a share of ownership.

最後に、今回の米国の金融救済法案に関して、公的資金による資本注入スキームが含まれていないと、10月3日付けや10月7日付けのエントリーで書きましたが、私の誤解だったようで可能なんだそうです。英文で450ページを超える大部の法案すべてに目を通したわけでもありません。お詫びして訂正します。

|

« ノーベル経済学賞はクルーグマン教授に授賞 | トップページ | 金融危機における公的資金による資本注入の政治経済学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/24499683

この記事へのトラックバック一覧です: 金融危機に対するクルーグマン教授のコラムを読む:

« ノーベル経済学賞はクルーグマン教授に授賞 | トップページ | 金融危機における公的資金による資本注入の政治経済学 »