« 景気動向指数に見る景気後退の長さと深さ | トップページ | どうして尾曲りネコが長崎に多いのか? »

2009年1月10日 (土)

英文サイトで見る米国雇用統計への反応

日本時間の昨夜、米国労働省から2008年12月の雇用統計が発表されました。12月単月で非農業部門雇用者数は▲52.4万人減少し、失業率も7.2%にハネ上がりました。この結果、2008年を通して、非農業部門雇用者数は▲258.9万人減で、第二次大戦が終わった1945年の▲275万人減に次ぐ大幅な減少となりました。詳しくは3連休明けにでも改めて考えるかもしれませんが、土曜日の今日は、取りあえず、米国のマディアなどサイトでどのように受け止められているかをピックアップしておきたいと思います。

まず、雇用統計が発表される前の1月9日金曜日付けの Wall Street Journal では、"Jobs Report Can't Shock (Or Can It?)" と題して、もうどんなに悪くても驚かない、という考えなのかもしれません。しかし、その後、雇用統計が発表されると、やっぱり、"Jobless Rate Surges to 7.2%; Nonfarm Payrolls Drop 524,000" のタイトルで "Employment Breakdown" と評価していたりします。

正直に、やっぱりタイヘンだと考えているのは New York Times で、下のフラッシュファイルは "Job Losses in 2008" と題する記事のサイトから引用していて、大胆にも直リンしていたりします。非農業部門雇用者が減少を続け、失業率が逆に上昇を続けた2008年1年間の雇用情勢が分かるようになっています。

最後に、それではこの景気後退がいつまでの長さ、どのくらいの深さで続くのかと、ほぼ私と同じようなことを考えているのがミネアポリス連銀です。"The Recession in Perspective" と題するサイトで戦後米国の景気後退局面のエピソードと今次景気後退を長さと深さに分けて、以下のグラフを使って考察しています。

Table 1

Notes:

  1. Employment is nonfarm payroll employment calculated by the Bureau of Labor Statistics.

  2. Postwar recessions include the 10 recessions as defined by the NBER that started between 1946 and 2006.

  3. Mildest, median and harshest recessions are defined for each month; the specific recession for each category changes over time.

Table 2

Notes:

  1. Output is gross domestic product adjusted for inflation as calculated by the Bureau of Economic Analysis.

  2. Postwar recessions include the 10 recessions as defined by the NBER that started between 1946 and 2006.

  3. Mildest, median and harshest recessions are defined for each quarter; the specific recession for each category changes over time.

Table 3

Note:

  • Chart shows percentage decline in nonfarm employment 12 months after the start of each recession. This reflects the most recent data available for employment in the current recession.

Table 4

Notes:

  1. The largest percentage decline for the current recession has yet to be determined: thus, the ? for the current recession.

  2. Individual data series often peak before or after the official NBER start of a recession. For example, employment in the 1973 recession rose 0.9 percent before falling 2.8 percent from the employment peak.

Table 5

Note:

  • Chart shows percentage decline in real gross domestic product 3 quarters after the start of each recession. This reflects the most recent data available for output in the current recession.

Table 6

Note:

  • The largest percentage decline for the current recession has yet to be determined: thus, the ? for the current recession.

今日のところは週末モードで、米国雇用統計に関するヨソのサイトの情報を取りまとめておきます。ひょっとしたら、3連休明けに改めて取り上げるかもしれません。

|

« 景気動向指数に見る景気後退の長さと深さ | トップページ | どうして尾曲りネコが長崎に多いのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/26985160

この記事へのトラックバック一覧です: 英文サイトで見る米国雇用統計への反応:

« 景気動向指数に見る景気後退の長さと深さ | トップページ | どうして尾曲りネコが長崎に多いのか? »