« 米国雇用統計はこのまま改善するか? | トップページ | 順調に改善を示す景気ウォッチャー調査と経常収支 »

2010年2月 7日 (日)

マクドナルドの Big America 第2弾 ニューヨーク・バーガーを食べに行く

ニューヨーク・バーガー

先月から始まったマクドナルドの Big America シリーズなんですが、1月18日付けのエントリーで取り上げたように、第1弾のテキサス・バーガーに続いて、2月5日(金)から第2弾ニューヨーク・バーガーが期間限定で始まっています。早速、私も食べに行きました。
私は基本的にマクドナルドではビッグマックを注文し、サウザン・アイランドの味付けが気に入っています。飲み物はほぼ必ずコーラです。今回のニューヨーク・バーガーはスタイリッシュなグラハム・バンズの間に粒入りマスタードが薬味というか、何というかで入っています。もちろん、Big America ですから、テキサス・バーガーと同じでボリューム満点です。

どうでもいいことですが、マクドナルドのサイトで一足遅れて、米国西部のカウボーイ気分を味わえるテキザス投げ縄ゲームが楽しめます。次は、ニューヨーク摩天楼の迷路ゲームを私は期待しています。

|

« 米国雇用統計はこのまま改善するか? | トップページ | 順調に改善を示す景気ウォッチャー調査と経常収支 »

コメント

どう考えても、下級財だと思うのですが、所得が上昇しても、なぜか無性に食べたくなったりするのは、この手の食べ物の不思議なところです・・・。

投稿: TOMOHIKO SENGE | 2010年2月 8日 (月) 04時33分

まったくもって、不思議ですね。

投稿: 官庁エコノミスト | 2010年2月 8日 (月) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/33273211

この記事へのトラックバック一覧です: マクドナルドの Big America 第2弾 ニューヨーク・バーガーを食べに行く:

« 米国雇用統計はこのまま改善するか? | トップページ | 順調に改善を示す景気ウォッチャー調査と経常収支 »