« 減り続ける銀行貸出し、国民の預金は国債に向かうのか? | トップページ | アジア開発銀行の Asian Development Outlook 2010 に見る人民元 »

2010年4月13日 (火)

NBER は米国景気の谷を判定せず

昨日、NBER から発表があり、4月8日に開催された景気日付委員会 (Business Cycle Dating Committee) では2007年12月から始まった米国の景気後退の谷を決定するには至らなかった、という結論が出たようです。一般的には、例えば、「景気後退脱却宣言を見送り」といった見出しで報じられています。私は NBER からメールを受け取りました。何かのメールマガジンかメールサービスに登録していたのをすっかり忘れていたんだと思います。まず、関連する NBER のサイトから発表文を引用すると以下の通りです。

Committee Confers: No Trough Announced
CAMBRIDGE, April 12 -- The Business Cycle Dating Committee of the National Bureau of Economic Research met at the organization's headquarters in Cambridge, Massachusetts, on April 8, 2010. The committee reviewed the most recent data for all indicators relevant to the determination of a possible date of the trough in economic activity marking the end of the recession that began in December 2007. The trough date would identify the end of contraction and the beginning of expansion. Although most indicators have turned up, the committee decided that the determination of the trough date on the basis of current data would be premature. Many indicators are quite preliminary at this time and will be revised in coming months. The committee acts only on the basis of actual indicators and does not rely on forecasts in making its determination of the dates of peaks and troughs in economic activity. The committee did review data relating to the date of the peak, previously determined to have occurred in December 2007, marking the onset of the recent recession. The committee reaffirmed that peak date.

実は、米国の雇用統計が4月2日に発表された後、NBER の景気日付委員会の Chair であるスタンフォード大学のホール教授の発言が Bloomberg のサイトで「雇用統計で米景気後退の終息は『明白』」と報じられていたものですから、近く景気後退終了というか、景気の谷の特定に関する発表があるだろうと予想していたんですが、肩透かしを食わされた格好です。私は昨年年央、ズバリ特定すると2009年6月が米国景気の谷だったと考えています。

さて、話題が変わって、本日、日銀から3月の企業物価が発表されています。ヘッドラインとなる国内物価の前年同月比は▲1.3%までマイナスを縮小しました。でも、市場の事前コンセンサスは▲1.1%でしたから、まだまだ深刻なデフレが続いていると私は受け止めています。世界的な景気回復に伴ってジワジワと上昇を始めた原油などの資源価格の影響を除けば、企業物価も消費者物価もプラスに転ずるのに時間がかかりそうな気がします。下は企業物価の推移のグラフです。

企業物価の推移

最後に、管理人である私が考える限りで、このブログで取り上げるべきトピックとして、昨日、コロンビア大学からピュリツァー賞が発表されるとともに、本日、アジア開発銀行から「アジア開発見通し 2010」 Asian Development Outlook 2010: Macroeconomic Management Beyond the Crisis が公表されています。今週は発表される経済指標も少ないので、Asian Development Outlook 2010 は明日にでも取り上げることとしたいと思いますが、毎年、私が注目しているピュリツァー賞の速報写真部門では、今年は Des Moines Register 紙の Mary Chind 女史に授賞されました。デモイン川から女性が救出される写真です。言うまでもありませんが、大いに一見の価値があります。

Register photographer Mary Chind wins Pulitzer Prize

|

« 減り続ける銀行貸出し、国民の預金は国債に向かうのか? | トップページ | アジア開発銀行の Asian Development Outlook 2010 に見る人民元 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/34214096

この記事へのトラックバック一覧です: NBER は米国景気の谷を判定せず:

« 減り続ける銀行貸出し、国民の預金は国債に向かうのか? | トップページ | アジア開発銀行の Asian Development Outlook 2010 に見る人民元 »