« 景気動向指数に見る景気の現状と経済政策のマッチングやいかに? | トップページ | 本日発表された機械受注統計と経常収支と景気ウォッチャー調査 »

2010年4月 7日 (水)

OECD Economic Outlook: interim assessment, April 2010

本日パリ時刻11時に、OECDから Economic Outlook: interim assessment, April 2010 が発表されました。ジャーナリスト向けハンズアウトの pdf ファイルも公表されています。日銀金融政策決定会合より私はコチラに注目しました。まず、日米欧主要国の今年2010年前半の成長率見通しは以下の通りです。先進各国では順調な景気回復を見せていたんですが、特に、日米で今年2010年前半に成長率が減速する見通しとなっています。冬季の天候不順や春節の時期が一因です。なお、EU 3とは独仏伊3国のことです。

 09Q410Q110Q2
United States5.62.4 (+/-1.6)2.3 (+/-1.4)
Japan3.81.1 (+/-2.5)2.3 (+/-2.7)
Euro 30.40.9 (+/-1.4)1.9 (+/-1.5)
Germany0.0-0.4 (+/-1.8)2.8 (+/-1.8)
France2.42.3 (+/-0.9)1.7 (+/-1.1)
Italy-1.31.2 (+/-1.4)0.5 (+/-1.6)
UK1.82.0 (+/-1.1)3.1 (+/-1.2)
Canada5.06.2 (+/-1.0)4.5 (+/-2.0)
G73.71.9 (+/-1.5)2.3 (+/-1.7)

以下、OECD のサイトからのグラフとその説明の引用です。

OECD countries have benefited through trade linkages from strong activity growth in the large emerging-market economies, including China, India and Brazil.

Industrial production is bouncing back strongly

Following a sharp narrowing during the recession, global imbalances have widened somewhat as activity has picked up. Large external imbalances remain within the euro area.

Is a new pattern of global imbalances emerging?

As for fiscal policy, the sharp increase in government indebtedness in the OECD area during the downturn calls for ambitious, clearly communicated medium-term consolidation programmes in many countries. Consolidation should start in 2011, or earlier where needed, and progress gradually so as not to undermine the incipient recovery.

Public finances have weakened significantly

最後に、政策インプリケーションとして、政策金利の正常化は各国の景気回復とインフレ見通しに応じて実行されるべきであり、また、急激に赤字が拡大した財政政策については中期的な財政再建策の策定を主張しています。

|

« 景気動向指数に見る景気の現状と経済政策のマッチングやいかに? | トップページ | 本日発表された機械受注統計と経常収支と景気ウォッチャー調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/34123180

この記事へのトラックバック一覧です: OECD Economic Outlook: interim assessment, April 2010:

« 景気動向指数に見る景気の現状と経済政策のマッチングやいかに? | トップページ | 本日発表された機械受注統計と経常収支と景気ウォッチャー調査 »