« 打線がつながり余裕の継投で岡田オリックスに快勝! | トップページ | 終盤に繰り出す投手が軒並み打たれてオリックスに大敗! »

2010年6月 5日 (土)

米国雇用統計のグラフィック

昨日、米国労働省から5月の米国雇用統計が発表されました。ヘッドラインとなる非農業部門雇用者数は4月から431千人の増加となり、失業率も▲0.2%ポイント低下し9.7%となりました。いずれも季節調整済みの系列です。しかし、後述の通り内容が悪いとの評価で、雇用統計への失望感とハンガリー政府報道官のデフォルトに関する発言などからNY株式市場のダウ平均株価は4か月振りに1万ドルを割って今週の取引を終えました。まず、いつもの New York Times のサイトから雇用統計に関する記事の最初から5パラまでを引用すると以下の通りです。

U.S. Adds Jobs in May, but Private Hiring Disappoints
A shadow fell across America's economic recovery on Friday, as the Labor Department's monthly report showed that job growth was weak in the private sector, provoking a precipitous sell-off in the stock market.
The headline numbers for May suggested reason for optimism - employers added 431,000 jobs and the jobless rate fell to 9.7 percent, from 9.9 percent in April. But the underlying numbers showed that almost all of the growth came from the 411,000 workers hired by the federal government to help with the Census. Most of those jobs will end in a few months.
By contrast, the private sector created 41,000 positions, far short of expectations for 150,000 to 180,000 jobs. And the number of long-term unemployed, those Americans out of work for 27 or more weeks, remained at its highest level since the Labor Department began collecting such data in the 1940s.
The ailing American labor market and continued threatening economic news out of Europe - this time from Hungary, where a government spokesman raised the prospect of default - set the stock market on edge, as the Dow Jones industrial average plunged 323.31 points, or 3.2 percent. The Standard & Poor's 500-stock index tumbled 3.4 percent, and the Nasdaq composite slid 3.6 percent.
Currency and commodity prices fell in tandem. The euro spiraled downward, dropping below $1.20 for the first time since early 2006. And the price of oil dropped to $71.51 a barrel.

次にいつものグラフは以下の通りです。上のパネルが非農業部門雇用者数の前月差増減で左軸の単位は千人です。下のパネルは失業率で単位はパーセントです。いずれも季節調整済みの系列です。

米国雇用統計の推移

さて、市場の事前コンセンサスには届かなかったものの、431千人は立派な数字の雇用者増に見えるんですが、内容が悪いというのは以下のグラフの通りです。Wall Street Journal のサイトから引用してます。要するに、雇用者増431千人の大部分は2010年国勢調査のための政府部門の臨時の雇用者増411千人で、黄色で示されています。他方、チャコール色の民間部門はほとんど雇用を増加させていない、というわけです。

Flagging Engine

しかし、同じ Wall Street Journal のサイトでは、パートタイム労働者からフルタイムへの転換の兆候が見られるとして、以下のグラフを掲げています。

Reversing the Trend

最後に、いつもの New York Times のサイトのフラッシュに直リンしておきます。ヨソさまのフラッシュに直リンするのは、私のブログの大きな特徴だったりします。

|

« 打線がつながり余裕の継投で岡田オリックスに快勝! | トップページ | 終盤に繰り出す投手が軒並み打たれてオリックスに大敗! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/35070416

この記事へのトラックバック一覧です: 米国雇用統計のグラフィック:

« 打線がつながり余裕の継投で岡田オリックスに快勝! | トップページ | 終盤に繰り出す投手が軒並み打たれてオリックスに大敗! »