« 国際決済銀行 (BIS) の「年次報告」 BIS Annual Report 2009/10 をどう読むか? | トップページ | 機械受注と経常収支の動向、そして、景気ウォッチャーをどう見るか? »

2010年7月 7日 (水)

先発下柳投手の後をリリーフ3人で関本選手のソロの1点を守り切る!

  HE
ヤクルト100100000 250
阪  神00200100x 3100

打てない打線をバックに、先発とリリーフのピッチャーが必死に僅差を守り切る、というタイガースの昨年までの姿を見たような試合でした。投げる方では、下柳投手は1回表の青木選手の先頭打者ホームランで先制されたものの、6回2失点ですから期待通り先発の役目を果たし、7回渡辺投手は1塁3塁のピンチを切り抜け、8回の久保田投手は2三振でセットアッパーとしての信頼感を大いに回復し、9回は言うまでもなく藤川投手がフォアボールを出しながらも最後を締めました。打つ方は、3回にブラゼル内野手と城島捕手のタイムリーで一度は試合を逆転し、追いつかれた後は、6回に代打関本選手のホームランで勝ち越しました。2ケタ安打の割には少し効率が悪いかもしれません。特に、8回ウラの左バッター3人の代打攻勢も三者凡退に退けられ、こんなことを続けていては流れが東京ヤクルトに傾きかねない、とすら思えました。

明日は重量打線の威力を見せつけた3タテ目指して、
がんばれタイガース!

|

« 国際決済銀行 (BIS) の「年次報告」 BIS Annual Report 2009/10 をどう読むか? | トップページ | 機械受注と経常収支の動向、そして、景気ウォッチャーをどう見るか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/35671582

この記事へのトラックバック一覧です: 先発下柳投手の後をリリーフ3人で関本選手のソロの1点を守り切る!:

« 国際決済銀行 (BIS) の「年次報告」 BIS Annual Report 2009/10 をどう読むか? | トップページ | 機械受注と経常収支の動向、そして、景気ウォッチャーをどう見るか? »