« 失業に関する考察 | トップページ | The Economist の記事 Japan as number three »

2010年8月19日 (木)

10点打線に支えられて安藤投手が復活近し!

  HE
阪  神003041020 10150
横  浜100002010 471

ウワサ通りの安藤投手の先発でした。ひょっとしたら、明日は高卒ルーキーの秋山投手だったりするんでしょうか。それはさて置き、ダイナマイト打線のユニフォームで打ちまくる10点打線に支えられて、安藤投手も復活の兆しあり、と思わせる好投でした。6回に降板してベンチに下がった際に、グラブを投げつけて悔しがっていましたが、勝ち投手の値打ちはあります。5回まで1失点、6回途中で3失点ですから、ダイナマイト打線を背負う先発投手として合格点といえます。実は、私は安藤投手なら5回5失点、福原投手なら5回7失点を目途にしていたもので、やたらとハードルが低いとはいえ、堂々のピッチングに見えました。この先も楽しみです。
打つ方は相変わらずのダイナマイト打線です。1-2番は首位打者に迫ろうかという高打率を誇り、3番は打率こそ3割ないもののグングン調子を上げていますし、4番は3割に乗せて今日もホームランを打ち、5番は3割に達した上にホームラン王をうかがう位置にいます。6番こそ少し違和感がありますが、7番も3割に達し、8番ですら昨日2ホーマーだったりします。息を抜けるのは6番と9番の投手だけですから、横浜の投手陣がやや気の毒だったりします。
余りの楽勝続きなモノですから東京ドームに目を転じると、何と、巨人が中日に3タテを食らって、3位に転落してしまいました。このあたりは星のつぶし合いを期待していたんですが、巨人よりも不気味さを漂わせる中日の2位浮上は決して油断できません。

東京ドームでユニフォームが元に戻っても、
がんばれタイガース!

|

« 失業に関する考察 | トップページ | The Economist の記事 Japan as number three »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/36250911

この記事へのトラックバック一覧です: 10点打線に支えられて安藤投手が復活近し!:

« 失業に関する考察 | トップページ | The Economist の記事 Japan as number three »