« 猛暑・酷暑の経済効果はどこに現れたか? | トップページ | 緩やかながら回復に向かう雇用と一向にデフレが改善しない消費者物価 »

2010年8月26日 (木)

やっぱりダイナマイト打線はサステイナブルではなかった!

  HE
広  島011020020 6100
阪  神001000000 161

昨夜の球団新記録の22点はやっぱりサステイナブルではなく、我が国の国債残高みたいなもんだということが、今夜、ハッキリしたように思います。でも、相反するようですが、今の阪神には打ち勝つしかないんだろうと思います。今夜の先発の下柳投手も5回途中で4失点であれば、阪神先発陣としては合格点といえます。福原投手と江草投手をつないで2失点も、想定の範囲内です。要は打てなかったということですが、打線はいいピッチャーに当たればこんなもんです。仕方ありません。実力が劣っていたということです。それよりも、負け試合に福原投手を出したのは真弓監督も頭を使うようになったと受け止めていますが、相変わらず、鶴投手や江草投手を先発で使わないと心に決めているんでしょうか。西村投手や渡辺投手は勝ってる試合でも、負けてる試合でも、毎晩でも使うつもりなんでしょうか。こんな投手起用を続けていれば、今夜負けるだけでなく、この先にもツケを残します。これも、財政赤字みたいなもんです。

ダイナマイト打線を頼りに、
がんばれタイガース!

|

« 猛暑・酷暑の経済効果はどこに現れたか? | トップページ | 緩やかながら回復に向かう雇用と一向にデフレが改善しない消費者物価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/36374973

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりダイナマイト打線はサステイナブルではなかった!:

« 猛暑・酷暑の経済効果はどこに現れたか? | トップページ | 緩やかながら回復に向かう雇用と一向にデフレが改善しない消費者物価 »