« 為替介入にプラスアルファの政策が必要! | トップページ | ファイザーによる「日本全国のニコチン依存度チェック2010」に見るタバコの経済学 (その1) »

2010年9月16日 (木)

中日が負けて、首の皮1枚で阪神が優勝戦線に残ったか?

  HE
阪  神000000020 270
横  浜000000100 162

ようやく横浜にオーソドックスな投手リレーで勝ちました。特に、私が評価したいのは勝負どころとは関係ない場面で金本選手を代打に出したあたりです。中日が負けてくれたので、何とか阪神も首の皮1枚だけ優勝戦線に残っている印象です。ヒーローインタビューの久保投手の言うように、6連勝すれば可能性が出て来そうな気がします。
昨夜のブログを書いていた段階では、ペナントレースを諦めて、クライマックスシリーズに的を絞るのも一案と考えないでもなかったんですが、やっぱり、たとえクライマックスシリーズで負けてもペナントレースで優勝する方が私はうれしいと考えなおしました。もしも、クライマックスシリーズで勝ち上がるのとレギュラーシーズンの優勝のどちらかを選べるとしたら、私は優勝を取ります。

巨人戦は3タテを目指して、
がんばれタイガース!

|

« 為替介入にプラスアルファの政策が必要! | トップページ | ファイザーによる「日本全国のニコチン依存度チェック2010」に見るタバコの経済学 (その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/36779118

この記事へのトラックバック一覧です: 中日が負けて、首の皮1枚で阪神が優勝戦線に残ったか?:

« 為替介入にプラスアルファの政策が必要! | トップページ | ファイザーによる「日本全国のニコチン依存度チェック2010」に見るタバコの経済学 (その1) »