« サンデル教授の『これからの「正義」の話をしよう』(早川書房)を読む | トップページ | ル=グウィン女史の『空飛び猫』(講談社) シリーズ他を読む »

2010年9月11日 (土)

勝ちパターンの継投を潰し切り、打ち勝つしかなくなったタイガース!

  HE
ヤクルト000000030 342
阪  神000020000 250

今日の継投も失敗でした。昨日の失敗の反動で、今日のメッセンジャー投手の代え時が遅れるんではないかと私は心配していたんですが、私の心配以上にメッセンジャー投手の快投が上回り、7回まで無失点で7回ウラに代打が送られて8回から交代という理想的な先発の役割を果たしてくれました。しかし、ここで真弓監督の選択は藤川投手の2イニング登板でした。NHKのアナウンサーに指摘されるまでもなく、今週3回目の2イニング登板です。もともとサステイナビリティのないスクランブル登板だったものを首脳陣がカン違いした投手起用を続けてしまい、真弓監督が自ら勝ちパターンを潰してしまったと私は考えています。
この先の投手リレーは各選手の調子を見極めるとともに、相手との相性なども考慮し、細かく刻んだリレーを臨機応変に考えるしかありません。中日だって岩瀬投手の投入を遅らせるように細かく刻んでいるにもかかわらず、阪神だけがバッティングもピッチングも大雑把に適当な選手起用をしているんですから、こんなことを続けていては優勝戦線から脱落しかねません。
結局、投手陣は先発も中継ぎも抑えも、すべてに信頼を置けなくなったわけですから、阪神が勝つパターンはダイナマイト打線で大量点を取るしかありません。今日のように、5安打で相手エラーによる2得点では勝てるハズもありません。当たるも当たらないもダイナマイト打線次第です。阪神にとってペナントレースはギャンブルになりました。

明日は、
がんばれタイガース!

|

« サンデル教授の『これからの「正義」の話をしよう』(早川書房)を読む | トップページ | ル=グウィン女史の『空飛び猫』(講談社) シリーズ他を読む »

コメント

混戦模様ですね^^;

投稿: 起業アイデア研究所 | 2010年9月11日 (土) 20時49分

見ている方は無責任ですから、これはこれで面白かったりします。

投稿: 官庁エコノミスト | 2010年9月11日 (土) 21時41分

官庁エコノミストで阪神ファンといえばS廣さんかK藤雅さんを思い出しますが・・・。白書書く責任者は阪神ファンでないといけないとかあるんですか?

投稿: 某私大生 | 2010年9月12日 (日) 02時10分

少なくとも、今のN崎さんとか、その前のI上さんなどは阪神ファンではありません。私は阪神ファンですが、アノようなエリートポストとは縁がありません。

投稿: 官庁エコノミスト | 2010年9月12日 (日) 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/36677064

この記事へのトラックバック一覧です: 勝ちパターンの継投を潰し切り、打ち勝つしかなくなったタイガース!:

« サンデル教授の『これからの「正義」の話をしよう』(早川書房)を読む | トップページ | ル=グウィン女史の『空飛び猫』(講談社) シリーズ他を読む »