« 子ども手当のマイクロシミュレーション分析と子育ての外部性 | トップページ | 6年半振りの為替介入はどこまで効果があるか? »

2010年9月14日 (火)

ダイナマイト打線がスカ続きの取りこぼしで優勝戦線から脱落か?

  HE
阪  神021000000 3130
横  浜02210100x 681

いよいよ残り20試合を割って、最後のラストスパートにかかって来ましたが、あれだけチャンスがありながらダイナマイト打線がエンストを起こし、東京ヤクルト戦に続いて横浜戦でも取りこぼしです。何度も繰り返している通り、投手陣はコンスタントに5-6点取られるんですから、それ以上に点を取らなければ負けるのは当然です。その意味で、阪神にとってペナントレースはもはやギャンブルになっているんですが、なかなかいい目が出ないようです。
東京ヤクルトや横浜にポロポロと負けていては、ライバルの中日や巨人が下位球団を相手に着実に勝ち星を上げているんですから、優勝戦線から脱落する一歩手前まで来ました。ナゴヤドームで中日に3連勝して、なおかつ、甲子園で巨人に3タテを食らわすとかしなければ、かなり苦しくなったと言わざるを得ません。

明日は、
がんばれタイガース!

|

« 子ども手当のマイクロシミュレーション分析と子育ての外部性 | トップページ | 6年半振りの為替介入はどこまで効果があるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/36741770

この記事へのトラックバック一覧です: ダイナマイト打線がスカ続きの取りこぼしで優勝戦線から脱落か?:

« 子ども手当のマイクロシミュレーション分析と子育ての外部性 | トップページ | 6年半振りの為替介入はどこまで効果があるか? »