« 米国の失業率低下は何を意味するのか? | トップページ | 踊り場の脱却を示唆する景気動向指数 »

2011年2月 6日 (日)

東京に戻ってからの6か月におけるダイエットの推移

日付月間累積
2010年8月1日start
2010年9月1日▲0.6kg▲0.6kg
2010年10月1日+0.3kg▲0.3kg
2010年11月1日▲2.6kg▲2.9kg
2010年12月1日▲1.4kg▲4.3kg
2011年1月1日▲2.4kg▲6.7kg
2011年2月1日▲1.6kg▲8.3kg

このブログのサイドに体重計を復活させたのは昨年2010年11月7日でしたが、その後も順調にダイエットが進んでいます。長崎の単身赴任生活で大幅に体重が増加してしまったためです。毎日3回食事をとるとして週に21回食事をしますが、東京にいる時にはこの21回のうち平日の昼食5回のみが自分の裁量下にありますが、単身赴任だと一気に4倍に増えて21回とも自分の好き放題に食事をすることになります。2年間も単身赴任すると一気に体重が増加しました。

東京に戻ってからの6か月間、区役所の中の教育委員会やその天下り団体が運営しているジムや室内プールに週末通いまくって体重管理に努めています。食事とともに運動もダイエットには重要です。

|

« 米国の失業率低下は何を意味するのか? | トップページ | 踊り場の脱却を示唆する景気動向指数 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/38763938

この記事へのトラックバック一覧です: 東京に戻ってからの6か月におけるダイエットの推移:

« 米国の失業率低下は何を意味するのか? | トップページ | 踊り場の脱却を示唆する景気動向指数 »