« TPP 参加による「平成の開国」は何を目指すのか? | トップページ | 東京に戻ってからの6か月におけるダイエットの推移 »

2011年2月 5日 (土)

米国の失業率低下は何を意味するのか?

昨日、米国の労働省から1月の米国雇用統計が発表されました。ヘッドラインとなる季節調整済みの非農業部門雇用者数の前月差増減は、市場の事前コンセンサスでは+150千人程の増加を見込んでいたところ、政府部門を含めてわずか+36千人、民間部門に限っても+50千人の増加にとどまった一方で、同じく季節調整済みの失業率は12月の9.4%から9.0%に低下しました。さらにその前の昨年11月が9.8%でしたから、急ピッチで失業率が低下しているように見えます。まず、New York Times のサイトから記事を最初の6パラだけ引用すると以下の通りです。

In a Snowy January, Job Numbers Fail to Take Off
The United States labor market is still having trouble achieving liftoff.
Payrolls expanded by 36,000 jobs in January, a sharp decline from recent months and well below consensus forecasts.
But the picture painted by the Department of Labor's monthly snapshot of the job market was confounded by a drop in the unemployment rate to 9 percent, the lowest it has been since April 2009. That was mainly because that rate is calculated using a different survey than the payroll data.
January's snowstorms probably had some effect on the anemic numbers, given that sectors like construction and transportation and warehousing shed jobs. The private sector added 50,000 jobs, so government layoffs, particularly at the state and local level, also restrained growth. Analysts had forecast an increase of about 145,000.
The mixed employment report came in a week when a mosaic of other indicators suggested a more upbeat outlook for the recovery. A closely watched survey of purchasing managers rose to its highest level since May 2004, and chain store sales increased at a faster pace than expected in January. On average, jobless claims have also been trending downward.
As a result, some economists said they would largely disregard January's data because of the snowstorms. Others, however, cautioned that underlying job growth was still not robust.

続いて、いつものグラフは以下の通りです。上のパネルは非農業部門雇用者数の前月差増減、下は失業率です。いずれも季節調整済みの系列で、影をつけた部分は景気後退期です。

米国雇用統計の推移

雇用者数の増加が物足りない一方で、ここ2カ月で大幅に失業率が低下したカラクリは、要するに、就業を諦めて労働市場を退出した人が多いためです。下のグラフは労働力人口、雇用者数、失業者数をプロットしています。上のグラフの雇用者数が事業所に対する調査結果であるのに対して、下のグラフは家計に対する調査結果ですので、少し違いが生じていたりします。2010年12月、2011年1月と雇用者数の増加が小幅にとどまる一方で、失業者数が大幅に減少しているのが失業率の低下につながっています。実は、その背景で労働力人口も大幅に減少しています。繰返しになりますが、就業を諦めて労働市場を退出した人が多いために失業率が低下したと私は受け止めています。

労働力人口、雇用者数、失業者数の推移

最後に、いつものグラフを New York Times の blog サイトである Economix から引用しておきます。いずこも同じ jobless recovery です。

jobless recovery

|

« TPP 参加による「平成の開国」は何を目指すのか? | トップページ | 東京に戻ってからの6か月におけるダイエットの推移 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/38745820

この記事へのトラックバック一覧です: 米国の失業率低下は何を意味するのか?:

« TPP 参加による「平成の開国」は何を目指すのか? | トップページ | 東京に戻ってからの6か月におけるダイエットの推移 »