« 高嶋哲夫『首都感染』(講談社) を読む | トップページ | 消費者マインドと供給制約における震災の影響はいかに現れたか? »

2011年5月29日 (日)

久し振りの勝ちパターンで先発からいきなりクローザーにつないで東北楽天に逆転勝ち!

  HE
阪  神000000200 251
楽  天100000000 150

ここまで打てない打線になってから、少ない得点を守り切るための久し振りの勝ちパターンの投手リレーでした。昨日の試合で榎田投手でサヨナラ負けして、唯一残された先発から最終回だけいきなりクローザーにつなぐ継投です。そこまで中継ぎ陣がボロボロだとは私は思いませんが、打たれれば外すという極端な投手起用に見えなくもありません。
打つ方は相変わらずです。結果的には金本選手が逆転の決勝2ランを打ったんですが、実力的にこれからも確度高く打っていただけると期待すべきではないような気もします。DHを使えるのでしたらいいんですが、守備に神経を使わねばならない試合では期待度は下がります。もう少し若手を起用して欲しいものだと思います。

交流戦は1勝1敗のペースを守るべく、
がんばれタイガース!

|

« 高嶋哲夫『首都感染』(講談社) を読む | トップページ | 消費者マインドと供給制約における震災の影響はいかに現れたか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/40180740

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りの勝ちパターンで先発からいきなりクローザーにつないで東北楽天に逆転勝ち!:

« 高嶋哲夫『首都感染』(講談社) を読む | トップページ | 消費者マインドと供給制約における震災の影響はいかに現れたか? »