« 首都圏における震災2か月後の生活と消費の意識に関するアンケート | トップページ | 本日の日経新聞経済教室の主張を支持します! »

2011年5月22日 (日)

阪神タイガース、敗北の方程式の完成か?

 十一 HE
西  武00000100001 270
阪  神00000100000 181

その昔に、「勝利の方程式」というのがありました。今もあるのかもしれません。阪神でいうと6-7年ほど前のJFKがそうだった気がします。でも、今年の阪神は当時のJFKに匹敵するような、ほぼ完璧な「敗北の方程式」を完成させたようです。打てない打線をバックに、競った終盤に小林投手が出て来て、バッテリー・エラーで塁を進めた上に、決勝点を献上する、というものです。もちろん、2イニングスも続けて投げさせた監督の判断は考慮すべきですが、古巣のパリーグの球団相手に調子を取り戻させる、という考えもあったのかもしれません。小林投手は、金本外野手とともに、そろそろ別の使い方を考えるべき時期に来ているのではないでしょうか。また、終盤は捕手の守備固めを考えるのも一案かと思います。それにしても、今日も湿気た点の取り方で、打てないのが大きな敗因なんですから、もっと柔軟に、というか、大胆に打線を大きく変更するのも監督の考えるべき采配かもしれません。

明日は涌井投手だから望み薄とはいえ、
がんばれタイガース!

|

« 首都圏における震災2か月後の生活と消費の意識に関するアンケート | トップページ | 本日の日経新聞経済教室の主張を支持します! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/40086784

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神タイガース、敗北の方程式の完成か?:

« 首都圏における震災2か月後の生活と消費の意識に関するアンケート | トップページ | 本日の日経新聞経済教室の主張を支持します! »