« 日経センターの第37回中期予測改定版をどう読むか? | トップページ | サマータイムの導入は節電と消費喚起に効果があるか? »

2011年6月15日 (水)

無失点記録を続けるダルビッシュ投手から2点を奪って阪神が連勝!

  HE
日本ハム000001000 162
阪  神00100010x 290

調子を取り戻しつつある阪神打線が、無失点を続けるダルビッシュ投手から2点を奪って日本ハムに連勝です。3回ウラの得点こそ暴投によるものでしたが、7回ウラのラッキーセブンはマートン外野手のタイムリーでした。それにしても、7回ウラは藤井捕手のバント失敗のゲッツーでチャンス潰えたかに見えましたが、マートン外野手がよく打ちました。アッパレです。投手の方では先発のメセンジャー投手が6回1失点としっかり投げ切りました。決勝点を上げたマートン外野手とともにヒーロー・インタビューを受けてもおかしくないと感じました。また、投手陣の心配は8回のセットアッパーだったんですが、小林投手も見事な投球でした。特に3人目の稲葉選手を三振に切って取ったワンバウンドの球をしっかり捕球した藤井捕手のキャッチングが光ります。
それにしても、私の勘違いでなければ、捕手と左翼手を交代させてから、特に若手を起用したとも思えませんが、チームの雰囲気が見違えるように上向いた気がします。それとも、単なる私の勘違い?

交流戦最後の楽天戦も、
がんばれタイガース!

|

« 日経センターの第37回中期予測改定版をどう読むか? | トップページ | サマータイムの導入は節電と消費喚起に効果があるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/40410743

この記事へのトラックバック一覧です: 無失点記録を続けるダルビッシュ投手から2点を奪って阪神が連勝!:

« 日経センターの第37回中期予測改定版をどう読むか? | トップページ | サマータイムの導入は節電と消費喚起に効果があるか? »