« 無失点記録を続けるダルビッシュ投手から2点を奪って阪神が連勝! | トップページ | 国民の平均IQが高いと1人当たりGDPは豊かになるのか? »

2011年6月16日 (木)

サマータイムの導入は節電と消費喚起に効果があるか?

私は20年近く前に3年間駐在していた南米チリでサマータイムの経験がありますが、今夏は国を上げてのサマータイムの導入こそ見送られたものの、震災の影響に伴う節電の必要などから、地域ベースで、あるいは、会社単位でサマータイムを導入する例が増えています。反対論が根強い一方で、節電をはじめとするエネルギー消費の削減に一定のの効果があるとの試算例もあります。例えば、やや古いんですが、環境省の中央環境審議会地球環境部会第28回会合において提出された「サマータイム制度導入による省エネ効果試算結果」では、社会経済生産性本部の試算結果を引用して、サマータイム導入による二酸化炭素削減効果は25-123万トンとしています。環境省の算定に従えば、2009年度で12億トンを超える我が国の温室効果ガスの排出量から見れば微々たるものですが、サマータイムの温室効果ガス排出削減効果はゼロではありません

退社後の時間の過ごし方

他方、6月14日に発表されたマクロミルの「サマータイム導入による 'アフター4' の過ごし方に関する調査」結果によれば、勤務先がサマータイムを導入し退社時刻が早くなった会社員・公務員について調査したところ、上のグラフの通り、男女ともほぼ過半が「まっすぐ帰宅する」と回答している一方で、「ショッピング」、「飲みに行く」も無視できない割合、特に女性では「ショッピング」が高い割合を示しています。これまた、温室効果ガスの排出削減と同じで、サマータイムの消費喚起効果は微々たるものながらゼロではないという結論になりそうな気がします。

省エネや温室効果ガス排出削減にせよ、消費の喚起にせよ、かなり効果は小さいのではないかと推定されるサマータイムなんですが、実際に体験した私の感想は少し違います。チリのような西に向かった海岸線が長々と続く国で、午後9時ころに太平洋に沈む太陽の眺めは格別です。それを見るころまで昼間と変わらぬ活動が可能なのも魅力です。せいぜい7時に起きる私のようなサラリーマンにとって、4時半に日の出があっても太陽の恵みがムダになっているとしか思えません。無用の残業が増えるとか、反対論が根強いことは承知していますが、今年だけでも2時間くらい時計を早めるサマータイムを実施してはどうでしょうか?

|

« 無失点記録を続けるダルビッシュ投手から2点を奪って阪神が連勝! | トップページ | 国民の平均IQが高いと1人当たりGDPは豊かになるのか? »

コメント

50%の人口がサマータイムを行うとピークシフト効果は最大になる。

だがしかし・・・
電力の供給不足は努力すれば十分克服できるのに、電力会社の損得計算によるはったりで停電の危機を必要以上に煽ってると思ってるので、どうでもいい。

投稿: 伊藤勝巳 | 2011年6月19日 (日) 13時26分

>停電の危機を必要以上に煽ってる

そういう面はあると思います。大阪府の橋下知事の見方にも一理あるような気がします。

投稿: 官庁エコノミスト | 2011年6月19日 (日) 16時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/40422706

この記事へのトラックバック一覧です: サマータイムの導入は節電と消費喚起に効果があるか?:

« 無失点記録を続けるダルビッシュ投手から2点を奪って阪神が連勝! | トップページ | 国民の平均IQが高いと1人当たりGDPは豊かになるのか? »