« キース・ジャレットのソロCDを買いに行ってデフレと内外価格差を実感する | トップページ | Communiqué G20 Leaders Summit - Cannes »

2011年11月 4日 (金)

遅くなったので、取りあえず、米国雇用統計のグラフだけ

本日、米国労働省から米国雇用統計が発表されました。統計のヘッドラインをいくつか上げると、いずれも季節調整済みの数字で、非農業部門雇用者数は前月から+80千人の増加、うち、民間部門は+104千人、また、失業率は前月から0.1%ポイント改善して9.0%となりました。諸般の事情により、今夜はもう私にとっては遅いですので、簡単に済ませたいと思います。まず、日本時間で本日夜10時過ぎくらいの New York Times のサイトから最初の4パラだけ記事を引用すると以下の通りです。なお、後刻、記事は差し替えられる可能性があります。ご容赦ください。

Report Shows a Mere 80,000 Jobs Added in U.S. in October
The United States had another month of mediocre job growth in October, the Labor Department reported Friday.
Employers added 80,000 jobs on net, slightly less than what economists had expected. That compares to 158,000 jobs in September, a month when the figure was helped by the return of 45,000 Verizon workers who had been on strike.
While job growth is certainly better than job losses, a gain of 80,000 jobs is hardly worth celebrating. That was just about enough to keep up with population growth, so it did not significantly reduce the backlog of 14 million unemployed workers.
As a result, the unemployment rate barely budged, dropping to 9 percent from 9.1 percent in September. The rate has not fallen below 9 percent in seven months. In the year before the recession began in December 2007, the jobless rate averaged about half that, at 4.6 percent.

次に、いつものグラフは以下の通りです。上のパネルは非農業部門雇用者数の前月差増減とそのうちの民間部門です。色分けは凡例の通りです。下は失業率です。いずれも季節調整済みの系列をプロットしており、影をつけた部分は景気後退期です。

米国雇用統計の推移

さらに、これまた、いつもの Jobless Recovery のグラフは以下の通りです。景気の山をベースにして、その後の非農業部門雇用者数をプロットしています。2001年のITバブル崩壊後の景気回復過程も jobless と呼ばれたんですが、今回の方がさらに雇用の回復が遅いのが見て取れます。

Jobless Revovery

|

« キース・ジャレットのソロCDを買いに行ってデフレと内外価格差を実感する | トップページ | Communiqué G20 Leaders Summit - Cannes »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/42856630

この記事へのトラックバック一覧です: 遅くなったので、取りあえず、米国雇用統計のグラフだけ:

« キース・ジャレットのソロCDを買いに行ってデフレと内外価格差を実感する | トップページ | Communiqué G20 Leaders Summit - Cannes »