« 打線が打てず、岩田投手が踏ん張れずで巨人に連敗! | トップページ | 打線が打てず点が取れず引分けで連敗ストップならず! »

2012年4月30日 (月)

今さらゴールデンウィークの読書計画

『資本の<謎>』と『資本主義が嫌いな人のための経済学』

すでに、今日まででゴールデンウィークの前半は終わるんですが、このお休みの間に仕事に関係した経済系の読書の計画も当然あり、ちょうど近くの公立図書館に予約しておいた本が届いて、読み始めています。届いた2冊は読んでいる順に以下の通りです。

ゴールデンウィーク前半の3日のうち昨日までの2日が過ぎた段階で、前者の『資本の<謎>』約390ページのうち、第6章までの230ページを読んでいて、今日中に読み終える予定です。後者の『資本主義が嫌いな人のための経済学』は5月3日からの後半に回します。パッと見で直感的に理解する人もいるんでしょうが、どちらの本もいわゆる主流派のエコノミストが書いたものではありません。ハーヴェイ教授はニューヨーク市立大学で経済地理学を専門としており、ハッキリ言って、著者も訳者もマルクス経済学者であると考えられます。私は経済官庁に就職してエコノミストらしき仕事を始めて、ここまで『資本論』の引用が多い本を読んだのは初めてのような気がします。もっとも、私も大学のころにスミスの『国富論』やケインズの『雇用、利子および貨幣の一般理論』などとともに、マルクス『資本論』全3巻を読了しており、役所の採用面接で堂々と『資本論』を読んだことを明らかにして、とてもめずらしがられた記憶があります。ヒース教授はトロント大学で哲学やガバナンスの専門です。2009年にノーベル経済学賞を受賞したオストロム教授と似通った専門分野だという気がしないでもありませんが、まだ読み始めていないのでよく分かりません。

どうでもいいことですが、私は平気で2-3冊の本を並行して読み進みますので、経済系の本のほかにも、ミステリやホラーなども読んでいます。ホラーは決して嫌いではないものの、決して好きでもないんですが、下の子がホラー小説のファンですので、親として中高生の読書対象として好ましいかどうかフォローしておきたいと考えてムリにでも読んでいます。港区立図書館と比べて今度の引越した先の公立図書館はよく本がそろっている割に、民度がそこそこなのか話題の新刊本が借りやすい気がします。

|

« 打線が打てず、岩田投手が踏ん張れずで巨人に連敗! | トップページ | 打線が打てず点が取れず引分けで連敗ストップならず! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/45072112

この記事へのトラックバック一覧です: 今さらゴールデンウィークの読書計画:

« 打線が打てず、岩田投手が踏ん張れずで巨人に連敗! | トップページ | 打線が打てず点が取れず引分けで連敗ストップならず! »