« 1-3月期1次QEの高成長は持続するか、それとも一時的な特殊要因か? | トップページ | 鈴木光司『エス』(角川書店) を読む »

2012年5月17日 (木)

交流戦はいいところなく甲子園で日本ハムに連敗して5割に戻る!

  HE
日本ハム001003000 470
阪  神000000010 181

甲子園に日本ハムを迎えての交流戦は無様な連敗で始まってしまいました。守りのミスもあれば、ベンチは何の采配らしきものもなく、投手陣はそこそこ投げているものの、打つ方は相手チームを上回るヒットを放ちながら点が取れても尺取虫のようで、勝てそうな気配すらありませんでした。阪神の和田監督と日本ハムの栗山監督の新人監督の対決でしたが、栗山監督が積極的に仕掛ける一方で、和田監督はおよそ手をこまねいて傍観しているだけの采配に終始しました。

次の楽天戦は、
がんばれタイガース!

|

« 1-3月期1次QEの高成長は持続するか、それとも一時的な特殊要因か? | トップページ | 鈴木光司『エス』(角川書店) を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/45300818

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦はいいところなく甲子園で日本ハムに連敗して5割に戻る!:

« 1-3月期1次QEの高成長は持続するか、それとも一時的な特殊要因か? | トップページ | 鈴木光司『エス』(角川書店) を読む »