« 消費者態度指数に見る消費者マインドの急上昇はいかに生じたか? | トップページ | 明日発表の10-12月期1次QEはわずかにプラス成長か? »

2013年2月12日 (火)

G7 Statement

イングランド銀行のサイトから引用しています。アベノミクスを含めた各国の財政・金融政策は国内目的の達成に向けられており、為替レートを目標にはしていない、との表現です。アベノミクスは近隣窮乏化政策ではないとの結論なんでしょう。財務省の仮訳はコチラ。
取り急ぎ。

G7 Statement
We, the G7 Ministers and Governors, reaffirm our longstanding commitment to market determined exchange rates and to consult closely in regard to actions in foreign exchange markets. We reaffirm that our fiscal and monetary policies have been and will remain oriented towards meeting our respective domestic objectives using domestic instruments, and that we will not target exchange rates. We are agreed that excessive volatility and disorderly movements in exchange rates can have adverse implications for economic and financial stability. We will continue to consult closely on exchange markets and cooperate as appropriate.

|

« 消費者態度指数に見る消費者マインドの急上昇はいかに生じたか? | トップページ | 明日発表の10-12月期1次QEはわずかにプラス成長か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/49364438

この記事へのトラックバック一覧です: G7 Statement:

« 消費者態度指数に見る消費者マインドの急上昇はいかに生じたか? | トップページ | 明日発表の10-12月期1次QEはわずかにプラス成長か? »