« カトリックの新法王は初めてラテンアメリカからアルゼンティン人のフランシスコ1世がコンクラーベで選出される | トップページ | 京都大学経済学部同窓会東京支部総会に行く »

2013年3月15日 (金)

最近読んだ小説の読書感想文

昨夜の経済書に続いて、小説もサッパリ買わなくなって借りてばかりですので、この1週間で読んだ3冊ほどの読書感想文をブログに記録として残しておきたいと思います。

photo

まず、山田悠介『奥の奥の森の奥に、いる。』(幻冬舎) です。悪魔をめぐるホラー小説です。私は地方大学に出向して大学生諸君と接している時に、この著者の絶大なる人気を目の当たりにして、デビュー作の『リアル鬼ごっこ』をはじめ、『@ベイビーメール』や『スイッチを押すとき』などを読んだんですが、当然ながら感性が中年ですので、いまいち理解が及ばないところがあります。この著者は圧倒的に中高生に人気ですから、我が家のホラー小説愛好家の下の子に読ませてみたい小説です。

photo

次に、葉室麟『おもかげ橋』(幻冬舎) はよかったです。私はこの著者の作品は初めて読みました。「おもかげ橋」はまさに都電の停留所のある高田馬場や早稲田に近いあの場所を指していて、そこを舞台にしています。時代小説です。時代小説にはかなり高い確率でお家騒動や派閥争いがからむんですが、この小説も同じ趣向です。九州肥前の架空の藩出身の弥市と喜平次が主人公となり、ともに派閥争いから藩を離れ江戸に住まいしているんですが、2人とも元の藩の上司の娘である萩乃が江戸に来た折に彼女を守りつつ、旧藩をお家騒動をから救います。男女の夫婦仲というものにも思いが至ったいい作品です。

photo

最後に、朝井リョウ『何者』(新潮社) です、直木賞を受賞した話題作です。私はこの著者の作品は映画化された『桐島、部活やめるってよ』しか読んだことがないんですが、若い世代の思考や行動パターンを必ずしも完全に理解できなくても、かなりいい作品だということは読み取れます。大学3年生が秋の大学祭を終えて、4年生にかけてのいわゆる就活にまつわる小説です。ツイッターやフェイスブックの活用に始まり、わずか140字で人物を判断するのがいいのかどうか、人間としての本質と就職面接などのプレゼンの際に見せる表の顔との乖離、さまざまな読み方のできる小説です。ただし、何で読んだか忘れたものの、「ミステリの要素がある」といった書評だか紹介文を見ましたが、最後のツイッターの裏アカウントの暴露による言い争いの場面はもう少し上手な処理が出来なかったものかと思わないでもありません。確かに最後を締めくくる大事なパートではありますが、やや読後感が悪くなった気がします。

朝井リョウ『何者』は新潮文庫のアンソロジー『最後の恋』に収録されている「水曜日の南階段はきれい」とあわせて読むともっと楽しめると聞き及んでいます。未読なんですが、近くの図書館に予約中です。

|

« カトリックの新法王は初めてラテンアメリカからアルゼンティン人のフランシスコ1世がコンクラーベで選出される | トップページ | 京都大学経済学部同窓会東京支部総会に行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/50782113

この記事へのトラックバック一覧です: 最近読んだ小説の読書感想文:

» 奥の奥の森の奥に、いる。 [読書と足跡]
奥の奥の森の奥に、いる。 著者 山田悠介 政府がひた隠す悪魔村。ここで育つ少年は15歳で〝悪魔を発症〞し、ほとんどが「使えない」と殺されてしまう。一方少女たちは、悪魔を産ませるために飼われている。少年メロは仲間と逃げ出すが、大好きな友が次々と、魂を喰う邪悪な姿に……。ついにメロの体にも前兆が! それでも愛する少女を守り続けるが――。悲しき運命と戦う少年たちの物語。 ...... [続きを読む]

受信: 2015年12月17日 (木) 19時53分

« カトリックの新法王は初めてラテンアメリカからアルゼンティン人のフランシスコ1世がコンクラーベで選出される | トップページ | 京都大学経済学部同窓会東京支部総会に行く »