« 榎田投手が打ち込まれてオリックスにボロ負けし交流戦は連敗スタート! | トップページ | 機械受注はそろそろ上向きの兆しを見せ始めたか? »

2013年5月16日 (木)

1-3月期GDP統計1次QEは個人消費がけん引して年率+3.5%の高成長!

本日、内閣府から今年1-3月期のGDP速報、エコノミストの業界で1次QEと呼ばれている経済指標が公表されました。統計のヘッドラインである実質成長率は、個人消費がけん引して前期比+0.9%、前期比年率+3.5%の高成長を記録しました。かなり長くなりますが、まず、日経新聞のサイトから記事を引用すると以下の通りです。

1-3月GDP、年率3.5%増 個人消費・輸出けん引
内閣府が16日発表した2013年1-3月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.9%増、年率換算で3.5%増となった。株高による消費者心理の改善で自動車を中心に個人消費が伸びたほか、米国向けを中心に輸出が4四半期ぶりにプラスに転じた。景気のけん引役が、公共事業から民需と輸出に移りつつある。
甘利明経済財政・再生相は16日の会見で「個人消費を中心に安倍晋三政権の経済政策の効果が表れ始めている」と語った。そのうえで、14年4月の消費税率の引き上げに向けて「経済環境を整えるスタートを切れた」と述べた。日本経済は昨秋に底を打ったとみられ、持ち直しが続いている。
成長率は民間エコノミストの予想平均(2.8%増)を上回った。輸出が想定よりも好調だったため。生活実感に近い名目成長率は0.4%、年率で1.5%だった。
実質GDPの前期比の増減にどれだけ貢献したかを示す寄与度は、輸出から輸入を差し引いた外需が0.4%分と最も大きく民間需要は0.3%分。公的需要は0.2%分だった。
実質成長率を主要項目別に見ると、個人消費が0.9%増。消費者心理の改善や新型車の投入、エコカー補助金の打ち切りに伴う反動減の一服で自動車が大きく伸びたほか、外食、娯楽、衣服も好調だった。「押し上げの相当部分は株高による資産効果で説明できる」(内閣府幹部)という。住宅投資は消費増税前の駆け込みもあって1.9%伸びた。
輸出は3.8%増と、4四半期ぶりにプラスに転じた。欧州やアジア向けは不振だったが、米国向けの自動車が好調だったことが主因だ。
設備投資は0.7%減と5四半期連続のマイナス。産業機械が落ち込んだが、経営者心理の改善で自動車や建設資材向けの投資が持ち直した。減少率は1四半期連続で縮小し、下げ止まりの兆しが出てきた。
公共投資は0.8%増と、増加率は4四半期連続で落ち込んだ。建設資材や人材の不足が続いているうえ、大型補正予算による押し上げ効果が本格化する前だったため。
総合的な物価動向を示すGDPデフレーターは前年同期比マイナス1.2%。マイナス幅は5四半期ぶりの大きさだった。控除項目の輸入デフレーターが円安の影響で上昇したことが主因だ。
同時公表した12年度の実質GDPは1.2%増と3年度連続のプラスとなった。内需がけん引して11年度の0.2%増から大きく伸びた。名目GDPは0.3%増だった。デフレ基調の継続で、15年度連続で実質値を下回る「名実逆転」となった。

ということで、いつもの通り、とても適確にいろんなことが取りまとめられた記事なんですが、次に、GDPコンポーネントごとの成長率や寄与度を表示したテーブルは以下の通りです。基本は、雇用者報酬を含めて季節調整済み実質系列の前期比をパーセント表示したものですが、表示の通り、名目GDPは実質ではなく名目ですし、GDPデフレータと内需デフレータだけは季節調整済み系列の前期比ではなく、伝統に従って季節調整していない原系列の前年同期比となっています。また、項目にアスタリスクを付して、数字がカッコに入っている民間在庫と内需寄与度・外需寄与度は前期比成長率に対する寄与度表示となっています。もちろん、計数には正確を期しているつもりですが、タイプミスもあり得ますので、データの完全性は無保証です。正確な計数は自己責任で最初にお示しした内閣府のリンクからお願いします。

需要項目2012
1-3
2012
4-6
2012
7-9
2012
10-12
2013
1-3
国内総生産GDP+1.3▲0.2▲0.9+0.3+0.9
民間消費+0.8+0.2▲0.4+0.4+0.9
民間住宅▲1.5+2.3+1.5+3.5+1.9
民間設備▲2.4▲0.3▲3.3▲1.5▲0.7
民間在庫 *(+0.5)(▲0.5)(+0.1)(▲0.1)(▲0.2)
公的需要+2.4+1.5+1.0+1.1+0.6
内需寄与度 *(+1.2)(+0.1)(▲0.3)(+0.3)(+0.5)
外需寄与度 *(+0.1)(▲0.3)(▲0.6)(▲0.1)(+0.4)
輸出+2.7▲0.0▲4.4▲2.9+3.8
輸入+2.0+1.8▲0.3▲2.2+1.0
国内総所得GDI+1.0▲0.1▲0.6+0.3+0.4
国民総所得GNI+1.0+0.1▲0.7+0.4+0.4
名目GDP+1.2▲0.6▲1.0+0.1+0.4
雇用者報酬▲0.1▲0.2+0.6▲0.4+0.5
GDPデフレータ▲1.0▲1.0▲0.8▲0.7▲1.2
内需デフレータ▲0.2▲0.7▲1.0▲0.8▲0.9

テーブルに加えて、いつもの需要項目別の寄与度を示したグラフは以下の通りです。青い折れ線でプロットした季節調整済みの系列の前期比成長率に対する寄与度であり、左軸の単位はパーセントです。棒グラフの色分けは凡例の通りとなっていますが、本日発表された1-3月期の最新データでは、前期比成長率がプラスであり、赤い棒グラフの消費と黒の外需、黄色の公的需要などが成長を押し上げ、逆に、水色の設備投資と灰色の在庫といった企業部門がマイナスに寄与しているのが見て取れます。

photo

ごく単純に評価すれば、いい姿の成長だということが出来ます。内外需バランスよく寄与して高成長を達成しています。消費や住宅といった家計部門が強くて、設備や在庫などの企業部門は低空飛行ですが、国内需要として合わせて見ればプラスの寄与度を示し、輸出も伸びて外需も成長に寄与しています。設備投資はまだマイナスなんですが、下げ止まりの兆しがあり、輸出が堅調なことから、投資が増加に転じるのは時間の問題と受け止めています。在庫調整は着々と進んでいるように見えます。細かい見方かもしれませんが、3点だけ懸念を上げておくと、第1に、公的需要が伸びているのは成長の観点からすればプラスなんですが、財政収支の観点からは疑問視する向きがあるかもしれません。第2に、消費の伸びに比べて所得が伸びておらず、アベノミクスに喚起されたマインド改善に偏った消費増ともいえます。なお、第3に、デフレータが再びマイナス幅を拡大しました。でも、デフレータは円建ての輸出価格が上がって輸入価格が上がることに起因しており、為替の円高修正に伴う短期的な現象ですのでそれほど大きな心配することもなく、貿易のJカーブ効果のようなものだと私は受け止めています。
アベノミクス効果により1-3月期が一般にもかなり分かりやすい成長を示し、現時点の5月半ばは4-6月期のど真ん中に当たるわけですが、少なくとも1-3月期の景気環境から大きく潮目の変化があったとはとても考えられませんから、秋から想定されている来年4月からの消費税率引上げは何ら問題なしということになりそうな気がします。私の想像では、消費税率引上げを議論する時点で4-6月期の2次QEが発表になっていると思います。世界を見渡せば、米国経済が順調な景気拡大を続け、中国経済も持ち直す可能性が高いことなどから、欧州経済だけが気がかりですが、世界経済の動向は深刻な問題はないように見えます。国内経済に目を転じても、所得との関係で消費の持続可能性の問題は残るものの、他方で、設備投資が復活する兆しもあり、消費税率の引上げの延期をもたらすほどの大きな景気の停滞を迎える可能性はかなり小さいと考えるべきです。

短期的にはアベノミクスは成功したと私は考えています。これはかなり明らかです。そして、何度も繰り返している通り、今年度いっぱいくらいは順調な成長が続いて、2013年度で見て+2%台半ばの成長が達成された後、来年2014年4-6月期の消費税率引上げによって当該四半期はマイナス成長に陥る、と多くのエコノミストは考えているようです。典型的な一例として、今日発表されたばかりの日本総研の経済見通しにリンクを張っておきます。

|

« 榎田投手が打ち込まれてオリックスにボロ負けし交流戦は連敗スタート! | トップページ | 機械受注はそろそろ上向きの兆しを見せ始めたか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/51653353

この記事へのトラックバック一覧です: 1-3月期GDP統計1次QEは個人消費がけん引して年率+3.5%の高成長!:

« 榎田投手が打ち込まれてオリックスにボロ負けし交流戦は連敗スタート! | トップページ | 機械受注はそろそろ上向きの兆しを見せ始めたか? »