« 最新号のエコノミスト誌はアベノミクス特集 | トップページ | ゴールデンウィークの消費は実は盛り上がらなかったのか? »

2013年5月19日 (日)

ライオンズ涌井投手を打ち崩して昨日を上回る10点得点で連勝!

  HE
阪  神020502100 1092
西  武212000000 5101

予告先発の顔ぶれを見た時には投手戦かと想像しましたが、何と序盤から立派な打撃戦になり、阪神打線が西武のエース涌井投手を打ち崩して交流戦連勝です。クリンナップの3人で5打点ですから立派なものです。能見投手は打たれながらも5回を投げ終え、6-7回をつないだ筒井投手、さらに安藤投手、久保投手とリリーフ陣はしっかり抑えました。パ・リーグの本拠地でDH制があることから、6番にレフトで今成選手を入れたアイデアは不発だった気がします。
終盤は聞いたこともないライオンズの投手がいっぱい登場しましたが、BSテレ朝の放送が7回表途中の5時前に終了し、ネットでフォローせざるを得ませんでした。それにしても、1塁側のスタンドはほとんど阪神ファン一色でしたし、テレビ中継は試合途中で打ち切られるし、西武ライオンズはひどく人気がなかったりするんでしょうか?

明日は交流戦5割目指して、
がんばれタイガース!

|

« 最新号のエコノミスト誌はアベノミクス特集 | トップページ | ゴールデンウィークの消費は実は盛り上がらなかったのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/51691808

この記事へのトラックバック一覧です: ライオンズ涌井投手を打ち崩して昨日を上回る10点得点で連勝!:

« 最新号のエコノミスト誌はアベノミクス特集 | トップページ | ゴールデンウィークの消費は実は盛り上がらなかったのか? »