« 左腕のエース対決は新井兄のツーランを守って能見投手が完投勝ち! | トップページ | 劇的なマートンの逆転サヨナラ弾で再びセリーグ首位! »

2013年6月 9日 (日)

高齢化社会における体力つくりと健康

どうでもいい私事ながら、先日、25年近く前、私がまだ係長だったころに局長としてお仕えした役所のOBの方にお会いする機会がありました。その後、次官級の審議官をされた後に退官して、今は完全な名誉職なんですが、私が所属する学会のうちのひとつの副会長をされており、その学会の研究会でお会いしました。
私がお仕えした時の何かの折りに、昭和9年の1934年生まれだと聞いたことがありますから、その後、生年が変わるわけもないので、もうすぐ80歳だと思います。局長のころから皇居1周のジョギングを週に2-3回はこなしておられたと記憶しており、それなりに体力つくりには余念ない方でしたが、今でも矍鑠として80歳に近いとはとても見えませんでした。昔からの下町のべらんめえ口調で歯切れよくしゃべり、さすがに頭髪は真っ白でしたが、目も口も足も60代と変わりないようにお見受けしました。
私は役所のジョギング・クラブの幽霊会員だったことがあり、Tシャツなんぞも買ったりしたんですが、30年近く国家公務員をしていて霞ヶ関にも長らく勤務しながら、実は、皇居1周ジョギングは1度もしたことがありません。最近は、もっぱら自転車とプールなんですが、改めて、実例に接して高齢化社会における体力つくりの重要性を認識させられた気がします。私も可能な範囲でがんばりたいと思います。

|

« 左腕のエース対決は新井兄のツーランを守って能見投手が完投勝ち! | トップページ | 劇的なマートンの逆転サヨナラ弾で再びセリーグ首位! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/51965267

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢化社会における体力つくりと健康:

« 左腕のエース対決は新井兄のツーランを守って能見投手が完投勝ち! | トップページ | 劇的なマートンの逆転サヨナラ弾で再びセリーグ首位! »