« 2012年就業構造基本調査に見る正規雇用と非正規雇用 | トップページ | アジア開発銀行の「アジア開発経済見通し改訂」Asian Development Outlook 2013 Supplement »

2013年7月16日 (火)

継投が後手に回りベンチワークの差で勝てた試合を落として首位攻防戦に連敗!

  HE
読  売000000800 8110
阪  神300000000 3101

勝てた試合だった気がします。先発のスタンリッジ投手は明らかに6回の坂本選手の打席から変調を来たし、ホームラン狙いの阿部捕手は何とか抑えたものの、7回には炎上してしまいました。まったく継投を予定していなかったのか、出てくる投手が軒並み失点し大差がついてしまいました。打つ方も無策の極みで、チャンスを作っても漫然と凡打を繰り返すだけで、バントも、ヒットエンドランも、盗塁も、何の作戦も見られませんでした。首位攻防戦にヤル気があるんでしょうか。見ていてよかったのは松田投手のピッチングだけでした。

3タテは回避すべく、
がんばれタイガース!

|

« 2012年就業構造基本調査に見る正規雇用と非正規雇用 | トップページ | アジア開発銀行の「アジア開発経済見通し改訂」Asian Development Outlook 2013 Supplement »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/52478369

この記事へのトラックバック一覧です: 継投が後手に回りベンチワークの差で勝てた試合を落として首位攻防戦に連敗!:

« 2012年就業構造基本調査に見る正規雇用と非正規雇用 | トップページ | アジア開発銀行の「アジア開発経済見通し改訂」Asian Development Outlook 2013 Supplement »