« 9回の猛反撃も及ばずジャイアンツに連敗! | トップページ | 2020年東京オリンピックの経済効果やいかに? »

2013年9月 9日 (月)

4-6月期GDP統計2次QEから内需主導の明確な景気回復・拡大を確認!

本日、4-6月期のGDP速報2次QEが発表されました。実質成長率は先月発表された1次QEの前期比+0.6%、前期比年率+2.6%から、前期比+0.9%、前期比年率+3.8%に大幅に上方改定されました。まず、長くなりますが、日経新聞のサイトから統計のヘッドラインを報じた記事を引用すると以下の通りです。

4-6月期実質GDP改定値、年率3.8%増 名実逆転解消せず
速報値は2.6%増

内閣府が9日発表した4-6月期の国内総生産(GDP)改定値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.9%増だった。8月12日発表の速報値(0.6%増)から上方修正し、3四半期連続のプラス成長だった。年率換算では3.8%増(速報値は2.6%増)だった。速報値の発表後に明らかになった法人企業統計などを反映し、設備投資や公共投資が上方修正された。
3四半期連続のプラス成長は2011年7-9月期以降、12年1-3月期まで続いて以来となった。4-6月期の法人企業統計をもとに推計し直し、設備投資は1.3%増(速報値は0.1%減)に上方修正した。プラスに転じたのは11年10-12月期以来6四半期ぶり。伸び率も11年10-12月期(8.3%増)以来の高さだった。
6月分の実績を加味した公共投資は3.0%増(速報値は1.8%増)に上方修正した。一方、住宅投資は0.3%減(0.2%減)にマイナス幅がやや拡大。個人消費も商業販売統計の確報値を踏まえ0.7%増(0.8%増)に下方修正した。
自動車などの仕掛かり品在庫の増加を加味した結果、民間の在庫寄与度はマイナス0.2ポイント(速報値はマイナス0.3ポイント)になった。
生活実感に近い名目GDPは0.9%増(速報値は0.7%増)、年率で3.7%増(同2.9%増)だった。速報値では名目が実質を上回る「名実逆転の解消」が3四半期ぶりに実現したが、改定値では3四半期連続で「名実逆転」が続いた。総合的な物価の動きを示すGDPデフレーターは前期比で0.0%下落。速報値は0.1%上昇だったが今回下落に修正したことが響いた。
前年同期比0.5%下落(同0.3%下落)となりマイナス幅が拡大した。民間企業在庫に関係するデフレーターが下ぶれたことが響いた。

ということで、いつもの通り、とても適確にいろんなことが取りまとめられた記事なんですが、次に、GDPコンポーネントごとの成長率や寄与度を表示したテーブルは以下の通りです。基本は、雇用者報酬を含めて季節調整済み実質系列の前期比をパーセント表示したものですが、表示の通り、名目GDPは実質ではなく名目ですし、GDPデフレータと内需デフレータだけは季節調整済み系列の前期比ではなく、伝統に従って季節調整していない原系列の前年同期比となっています。また、項目にアスタリスクを付して、数字がカッコに入っている民間在庫と内需寄与度・外需寄与度は前期比成長率に対する寄与度表示となっています。もちろん、計数には正確を期しているつもりですが、タイプミスもあり得ますので、データの完全性は無保証です。正確な計数は自己責任で最初にお示しした内閣府のリンク先からお願いします。

需要項目2012/4-62012/7-92012/10-122013/1-32013/4-6
1次QE2次QE
国内総生産 (GDP)▲0.3▲0.9+0.3+1.0+0.6+0.9
民間消費+0.1▲0.4+0.5+0.8+0.8+0.7
民間住宅+2.1+1.6+3.6+1.9▲0.2▲0.3
民間設備▲0.7▲3.2▲1.2▲0.0▲0.1+1.3
民間在庫 *▲0.3+0.1▲0.2▲0.0▲0.3▲0.2
公的需要+0.9+1.0+1.1+0.3+1.0+1.2
内需寄与度 *▲0.1▲0.2+0.3+0.6+0.5+0.7
外需寄与度 *▲0.2▲0.7▲0.1+0.4+0.2+0.2
輸出▲0.2▲4.5▲2.7+4.0+3.0+3.0
輸入+1.3▲0.0▲2.0+1.0+1.5+1.5
国内総所得 (GDI)▲0.3▲0.6+0.2+0.0+0.7+1.0
国民総所得 (GNI)▲0.2▲0.5+0.4+0.6+1.4+1.7
名目GDP▲0.9▲0.9+0.1+0.6+0.7+0.9
雇用者報酬▲0.3+0.7▲0.4+0.7+0.4+0.5
GDPデフレータ▲1.0▲0.8▲0.7▲1.1▲0.3▲0.5
内需デフレータ▲0.7▲1.0▲0.8▲0.8▲0.1▲0.3

テーブルに加えて、いつもの需要項目別の寄与度を示したグラフは以下の通りです。青い折れ線でプロットした季節調整済みの前期比成長率に対する寄与度であり、左軸の単位はパーセントです。棒グラフの色分けは凡例の通りとなっていますが、本日発表された4-6月期2次QEの最新データでは、前期比成長率がプラスであり、グレーの民間在庫が在庫調整進展に伴ってマイナス寄与を示した他は、赤い民間消費、黄色い公的需要、黒い外需とバランスよく成長に寄与しているのが見て取れます。水色の民間投資も2次QEではプラスに上方修正されています。円高是正も含めて、アベノミクスによる経済効果が現れていると考えるべきです。

photo

1次QEの際の前期比+0.6%、前期比年率+2.6%の成長率では少し「物足りない」と8月12日に1次QEが発表された日のエントリーでは書きましたが、今日発表の2次QEの前期比+0.9%、前期比年率+3.8%は、日経QUICKの市場コンセンサスにも、景気実感にもジャストミートしました。かなり大きな上方改定だったんですが、引用した記事にもある通り、設備投資と公共投資が主たる要因として上げられています。テーブルから読み取れる通り、昨年2012年10-12月期に景気が底を打ってから、足元の4-6月期まで、明確な景気回復・拡大が確認され、しかも、内需主導型の成長が続いています。特に4-6月期は、1次QEの際の前期比成長率+0.6%は、寄与度で分解すると内需+0.5%、外需+0.2%だったんですが、2次QEの前期比成長率+0.9%は内需+0.7%と外需+0.2%に分かれます。アベノミクスで円高修正が進んだり、海外経済の持直しで輸出も増加しつつあるとはいえ、成長率に大きく寄与しているのは消費をはじめとする内需であることは明らかです。しかしながら、設備投資のプラス転換はデフレータの低下に起因する部分もあり、引用した記事のタイトルにもある通り、1次QEの際の名実逆転は2次QEで元の木阿弥に戻ってしまいました。デフレ脱却にはまだ時間がかかりそうです。GDP統計に関して最後に、今回の2次QEの大きな論点のひとつに来年4月からの消費税率引上げの判断材料という側面があることは忘れるべきではありません。少なくとも、この統計を見ている限り、ゴー・サインが出る確度は高いと受け止めています。

photo

最後に、今日は内閣府から需給両サイドのマインド指標である景気ウォッチャー調査消費者態度指数も発表されています。いずれも8月の統計です。グラフは上の通りです。このところ低下気味ですが、依然として高い水準にあります。

|

« 9回の猛反撃も及ばずジャイアンツに連敗! | トップページ | 2020年東京オリンピックの経済効果やいかに? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/53199103

この記事へのトラックバック一覧です: 4-6月期GDP統計2次QEから内需主導の明確な景気回復・拡大を確認!:

« 9回の猛反撃も及ばずジャイアンツに連敗! | トップページ | 2020年東京オリンピックの経済効果やいかに? »