« 農業保護のコストはどのような家計が負担させられているのか? | トップページ | 消費者物価と企業向けサービス価格はともに上昇率がプラスを続ける! »

2013年10月24日 (木)

我が阪神タイガースのドラフト会議での成果やいかに?

photo

本日夕刻、グランドプリンスホテル新高輪にてプロ野球の新人選択会議、いわゆるドラフト会議が開催されました。私はテレビを見ていたわけではないので報道から、我が阪神は昨年と同じく和田監督がくじを引いて、1位指名で競合した九州共立大の大瀬良大地投手は外し、ハズレ1位で競合した日本生命の柿田裕太投手も外し、結局、1位指名は横浜商大の岩貞祐太投手となりました。私は左投手という以外は何ら情報を持っていないんですが、いいピッチャーなんでしょうか。1位指名の岩貞投手を含めて、以下の6人を選択しました。

1
岩貞祐太 (投手) 横浜商大
2
横田慎太郎 (外野手) 鹿児島実
3
陽川尚将 (内野手) 東農大
4
梅野隆太郎 (捕手) 福岡大
5
山本翔也 (投手) 王子製紙
6
岩崎優 (投手) 国士舘大

私はとても事情に疎くて、よく知らないんですが、昨年の甲子園で藤浪投手とバッテリーを組んだ大阪桐蔭の森友哉捕手は西武が1位指名したらしいです。でも、4位指名の梅野捕手は大学球界ナンバーワンのキャッチャーだとか聞きました。左ピッチャーが多いんですが、打者も上位指名しバランスもいいんではないでしょうか。でも、1位で外しまくりましたから、和田監督なのか、阪神球団なのか知りませんが、藤浪投手を引き当てた昨年のドラフトで運を使い果たしたのかもしれません。

何はさておき来年も、
がんばれタイガース!

|

« 農業保護のコストはどのような家計が負担させられているのか? | トップページ | 消費者物価と企業向けサービス価格はともに上昇率がプラスを続ける! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/53711791

この記事へのトラックバック一覧です: 我が阪神タイガースのドラフト会議での成果やいかに?:

« 農業保護のコストはどのような家計が負担させられているのか? | トップページ | 消費者物価と企業向けサービス価格はともに上昇率がプラスを続ける! »