« 社会保障費用統計に見る高齢の引退世代への破格の優遇を民主主義でいかに是正するべきか? | トップページ | 日銀短観12月調査で示される企業マインドはさらに上昇するのか? »

2013年12月12日 (木)

今年の漢字は「輪」、タイム誌の Person of the Year はローマ法王

取りあえず、メインの経済評論のブログはすでに書き上げてアップしましたので、私の興味のある範囲で事実関係だけ2点アップします。

まず、今年の漢字は「輪」に決まりました。下の画像はどこから引用したのは定かには覚えていないんですが、清水寺での揮毫のシーンだと思います。

photo

続いて、タイム誌の Person of the Year は初めてのラテンアメリカ出身ローマ法皇フランシスコ1世でした。私のこのブログでも3月14日付けのエントリーで紹介しています。なお、下の画像はタイム誌のサイトから引用しています。

photo

|

« 社会保障費用統計に見る高齢の引退世代への破格の優遇を民主主義でいかに是正するべきか? | トップページ | 日銀短観12月調査で示される企業マインドはさらに上昇するのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/54236208

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の漢字は「輪」、タイム誌の Person of the Year はローマ法王:

« 社会保障費用統計に見る高齢の引退世代への破格の優遇を民主主義でいかに是正するべきか? | トップページ | 日銀短観12月調査で示される企業マインドはさらに上昇するのか? »