« 雇用統計と商業販売統計と消費者物価に対していかに消費増税は影響したか? | トップページ | 今週の読書は開発経済学を少し違った角度から見た『悪い奴ほど合理的』ほか »

2014年6月27日 (金)

交流戦明け初戦は中日と引き分け連敗ストップならず!

 十一十二 HE
中  日100000000100 271
阪  神000001000100 291

ボロボロの戦績で最後は3連敗した交流戦が終わりました。でも、貧打は相変わらずでチャンスは作れども決定打なく、中日と引分けでした。先発メッセンジャー投手は9回を1失点に抑えたんですが、6回のゴメス選手のどん詰まりのタイムリーの1点だけで延長戦に入り、いきなり呉投手がホームランを浴びたものの、なんとか関本選手のタイムリーで追いつき、最後の12回ウラはワンアウト満塁のチャンスに代打新井選手がピーゴロに倒れました。呉投手のリリーフ失敗と打線の決定打不足は交流戦からずっと続いているようです。

明日は連敗ストップ目指して、
がんばれタイガース!

|

« 雇用統計と商業販売統計と消費者物価に対していかに消費増税は影響したか? | トップページ | 今週の読書は開発経済学を少し違った角度から見た『悪い奴ほど合理的』ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/56627756

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦明け初戦は中日と引き分け連敗ストップならず!:

« 雇用統計と商業販売統計と消費者物価に対していかに消費増税は影響したか? | トップページ | 今週の読書は開発経済学を少し違った角度から見た『悪い奴ほど合理的』ほか »