« 沖縄におけるプロ野球キャンプの経済効果やいかに? | トップページ | 今週の読書はウォルター・ラッセル・ミード『神と黄金』ほか »

2014年7月11日 (金)

内野5人シフトに惑わされずダイナマイト打線が巨人投手陣を爆砕して8連勝!

  HE
阪  神101004213 12160
読  売110000111 5130

相変わらずクリンナップの3人をはじめとして、ダイナマイト打線が好調で8連勝でした。広島が負けて2位浮上です。先発のメッセンジャー投手も7回3失点ですから、この打線を有するチームとしては文句のないQuality Startと言えます。メッセンジャー投手が降板した後の8-9回に少しリリーフ陣がもたついた印象がありますが、攻撃陣の終盤の得点能力がメチャメチャ高いですから、終盤に1-2点取られても何の問題もありません。問題なのは打線の方でノーヒットに終わった福留外野手の処遇くらいのものです。
今日の見どころのひとつは、6回のタイガースの攻撃の際、ジャイアンツが外野手を1人減らして、内野5人シフトを取りましたが、西岡選手の打球はそのシフトをあざ笑うかのように無人のセンター定位置に飛んで、2-3塁の走者が返るツーベースとなりました。また、目立たないプレーでしたが、8回ウラのジャイアンツの攻撃で、阿部捕手のセカンドゴロが明らかな誤審でアウトを宣せられ、抗議した阿部選手が退場を食らったんですが、巨人に不利な誤審は久々に見た気がします。球界の盟主の落日の象徴であって欲しいものです。

明日は能見投手を押し立てて9連勝目指して、
がんばれタイガース!

|

« 沖縄におけるプロ野球キャンプの経済効果やいかに? | トップページ | 今週の読書はウォルター・ラッセル・ミード『神と黄金』ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/56763113

この記事へのトラックバック一覧です: 内野5人シフトに惑わされずダイナマイト打線が巨人投手陣を爆砕して8連勝!:

« 沖縄におけるプロ野球キャンプの経済効果やいかに? | トップページ | 今週の読書はウォルター・ラッセル・ミード『神と黄金』ほか »