« 日銀短観は消費増税により足元で悪化したものの総じて底堅い景況感を示す! | トップページ | 厚生労働省「年金の財政検証」に関する単なる感想 »

2014年7月 1日 (火)

やや締りのない大荒れの乱打戦ながらヤクルトを下して先勝!

  HE
ヤクルト210102000 6111
阪  神700500000 12130

両チームとも初回から点を取り合って荒れた試合だったんですが、3ホーマーが効果的な攻撃でヤクルトを下して先勝です。先発藤浪投手のピッチングもピリッとしませんでしたが、1-2番を上本内野手と大和外野手に戻した打線が大爆発し、大量点に守られて6失点ながら勝ち投手となりました。藤浪投手をつないだリーリーフの3投手も無難に締めゼロで抑えました。打つ方はホームランが効果的で、梅本捕手を使い続けたかいがあって、2ホーマーで結果を出しましたし、4番ゴメス選手のツーランも効果的でした。野手キャプテンの鳥谷遊撃手も鋭い当たりを飛ばしていました。ツキが変わって快進撃と行くんでしょうか?

明日も、
がんばれタイガース!

|

« 日銀短観は消費増税により足元で悪化したものの総じて底堅い景況感を示す! | トップページ | 厚生労働省「年金の財政検証」に関する単なる感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/56667426

この記事へのトラックバック一覧です: やや締りのない大荒れの乱打戦ながらヤクルトを下して先勝!:

« 日銀短観は消費増税により足元で悪化したものの総じて底堅い景況感を示す! | トップページ | 厚生労働省「年金の財政検証」に関する単なる感想 »