« いくつかの民間企業の指標から雇用について考える! | トップページ | 勝ちパターンが一気に崩壊して泥沼の4連敗で借金生活に突入!! »

2015年7月 3日 (金)

6月の米国雇用統計をどう見るか?

昨夜、米国の労働省から6月の米国雇用統計が公表されています。独立記念日の休暇の関係で、通常は米国東部海岸地域時刻の第1金曜日朝一番に公表される統計なんですが、昨夜のうちに公表されています。ヘッドラインとなる非農業部門雇用者数は前月から+223千人の増加となり、失業率は前月からさらに0.2%ポイント低下して5.3%を記録しました。まず、New York Times のサイトから記事を最初の9パラだけ引用すると以下の通りです。

U.S. Economy Adds 223,000 Jobs; Unemployment at 5.3%
Not too hot, not too cold. But not, alas, just right.
The economy added a healthy 223,000 jobs last month, the Labor Department reported Thursday, but with other indicators showing wages flat and many Americans remaining on the sidelines, the overall economic picture for workers was not nearly as bright.
Although the unemployment rate fell to 5.3 percent, the lowest in seven years, that was driven largely by an exodus from the work force, rather than more people finding jobs. Moreover, the strong payroll gains for April and May, which had led many analysts to conclude that the economy might finally be gaining momentum, were revised downward by 60,000 jobs.
"This was an O.K. report, but the unemployment rate didn't go down for the right reasons," said Liz Ann Sonders, chief investment strategist at Charles Schwab.
Perhaps most discouraging, average hourly earnings didn't budge in June despite the drop in the unemployment rate from 5.5 percent in May, disappointing hopes that wages were finally increasing for most workers. It was a strong sign that plenty of slack remains in the job market, and that companies do not yet feel much pressure to raise pay to attract needed employees.
The share of American adults either working or looking for a job, which in many ways is a better gauge of economic strength than the oft-cited unemployment rate, fell 0.3 percentage point in June. With June's drop to 62.6 percent, the so-called labor participation rate is now at its lowest since 1977. Among prime-age adults, those 25 to 54, there has been no improvement in participation this year.
The latest jobs report is likely to sharpen debate among Federal Reserve officials about when to start raising the Fed's benchmark interest rate. Janet L. Yellen, the Fed's chairwoman, and other officials have pointed to the healthy pace of job growth as a reason to raise rates later this year. They say a stronger labor market will inevitably result in faster inflation, and the Fed needs to start moving in anticipation of that trend.
Some officials, however, point to the weak pace of wage growth, which also continued in June, as evidence that concerns about inflation are premature.
The Fed has already indicated that it does not plan to raise rates before September, and some analysts said that remained the most likely scenario.

やや長く引用してしまったものの、包括的によく取りまとめられている印象です。続いて、いつもの米国雇用統計のグラフは下の通りです。上のパネルは非農業部門雇用者数の前月差増減の推移とそのうちの民間部門、下のパネルは失業率です。いずれも季節調整済みの系列であり、影をつけた部分は景気後退期です。全体の雇用者増減とそのうちの民間部門は、2010年のセンサスの際にかなり乖離したものの、その後は大きな差は生じていません。

photo

非農業部門の雇用者の前月からの増加幅は+223千人でしたが、市場の事前コンセンサスは+230千人くらいでしたので、やや下回った印象がある上に、直近の過去にさかのぼった統計の改定で4月の雇用者数の伸びは221千人から187千人に、5月も280千人から254千人に、それぞれ下方修正されています。ただし、直近3か月間を平均した雇用の伸びは平均22万人をやや超えており、堅調に雇用が増加している姿に変わりありません。もっとも、失業率がさらに低下した点については、労働市場からの退出に伴う労働力率の低下が主たる原因であり、前向きな評価ははばかられる気がします。雇用者増を産業別に見ると、小売業が前月比で33千人増えたのをはじめ、運輸、ヘルスケアなど消費動向に敏感なサービス全体が雇用増の大半を占めており、建設や自動車などを含む製造業は引き続き低調なままだったりします。好調な個人消費が小売やサービス業に波及したことはほぼ確認できるものの、さらに製造業や建設などの川上産業まではさかのぼっていないという意味で、まだ景気回復の途上にあると考えるべきなのかもしれません。でも、これだけ好調か雇用を見せつけられれば、ギリシアのデフォルト問題に端を発する欧州の金融情勢も横目でにらみつつなんでしょうが、米国連邦準備制度理事会(FED)は年内にも利上げに踏み切る可能性が高まった、との観測が広がっています。

photo

また、日本やユーロ圏欧州の経験も踏まえて、もっとも避けるべきデフレとの関係で、私が注目している時間当たり賃金の前年同月比上昇率は上のグラフの通りです。ならして見て、ほぼ底ばい状態が続いている印象です。サブプライム・バブル崩壊前の+3%超の水準には復帰しそうもないですが、まずまず、コンスタントに+2%のライン周辺で安定していると受け止めており、少なくとも、底割れしてかつての日本や現在最近の欧州ユーロ圏諸国のようにゼロやマイナスをつけてデフレに陥る可能性は小さそうに見えます。

米国雇用統計を離れて、注目のギリシアの債務デフォルトについて、7月2日に国際通貨基金(IMF)から Greece: Preliminary Draft Debt Sustainability Analysis が公表されています。なぜかリポートの日付は6月26日になっています。ご参考まで。

|

« いくつかの民間企業の指標から雇用について考える! | トップページ | 勝ちパターンが一気に崩壊して泥沼の4連敗で借金生活に突入!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/60605548

この記事へのトラックバック一覧です: 6月の米国雇用統計をどう見るか?:

« いくつかの民間企業の指標から雇用について考える! | トップページ | 勝ちパターンが一気に崩壊して泥沼の4連敗で借金生活に突入!! »