« 貿易統計に見る貿易赤字縮小の要因は何か? | トップページ | 連夜の江越弾を藤浪投手が完封で守って3連勝!! »

2015年7月24日 (金)

世界で最大の脅威はイスラム国か気候変動か?

今週は旧聞に属する話題が多くて、私のこのブログも世間に追いついていないんですが、今夜は、私がよく参照しているピュー・リサーチ・センターの世論調査結果から、世界の主要国の国民が何を脅威 threat と考えているか、に関する調査 Climate Change Seen as Top Global Threat を取り上げたいと思います。なお、pdfの全文リポートもアップされています。結論を先取りすれば、大きく分けて、イスラム国と気候変動が上げられそうです。

photo

まず、上のテーブルは地域別に脅威と回答された比率を示しています。総合計では気候変動46%、経済の不安定42%、イスラム国41%、などの順となっています。気候変動は中南米やアフリカで比率が高くなっている一方で、イスラム国は中東はもちろん、先進国の欧米で比率が高くなっています。後で詳しく国別に見る通り、日本でもイスラム国がトップに上げられています。アジアの気候変動重視国の中でも、中国とインドが気候変動を最大の脅威に上げている点は注目すべきかもしれません。日本でイスラム国の脅威度が高いのはテレビのニュースにも現れており、私の知る範囲でも、7月8日にエム・データから公表された「2015年上半期TVニュースランキング」において、「『イスラム国』によるテロ相次ぐ」が98時間余りで他を大きく引き離してのトップに上げられており、続いて、「男子テニス 錦織圭」や「安全保障関連法案、採決にらみ攻防」の20時間台が続いていたりします。

そして、参考まで、ピュー・リサーチ・センターのサイトから引用した国別の最大脅威は上の通りです。世界地図の方は見ればわかると思います。地域的な特徴としては、ベトナムが中国を最大の脅威と捉え、ポーランドとウクライナがロシアを最大の脅威に上げていたりします。大雑把に、気候変動を上げているのは中国とインドをはじめとするアジアや中南米、アフリカに多く、イスラム国を上げているのは中東はもちろん、西欧や北米、日本や韓国や豪州、それにインドネシアなどとなっています。

photo

最後に、何となくで、上の画像は国連気候変動枠組条約 (UNFCCC) に基づき今年12月にパリで開催される COP 21 Paris France のロゴです。特段の意味もなく、今夜のエントリーは経済評論のブログに分類しておきます。

|

« 貿易統計に見る貿易赤字縮小の要因は何か? | トップページ | 連夜の江越弾を藤浪投手が完封で守って3連勝!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207184/60861717

この記事へのトラックバック一覧です: 世界で最大の脅威はイスラム国か気候変動か?:

« 貿易統計に見る貿易赤字縮小の要因は何か? | トップページ | 連夜の江越弾を藤浪投手が完封で守って3連勝!! »